Recent Comments

Recent Trackbacks

« 裏六甲トレイルラン・つららと霜柱 | Main | あたごの森・自然研究路4号 »

02/28/2005

箕面・谷山尾根トレイルラン

_019ryokudou
2月27日、午前中仕事、お昼をスタッフ3人で近所の「多国籍レストラン・Ballon」にて食事。店長のおごり、ごっちそーさまでした!  午後4時前やっと家を出る。 山まで行こうか、山道手前で引き返さないといけないかな? 千里ニュータウンの中は歩道も緑地帯が多く、公園のようで楽しい。 写真向こうに見える山がいつも走っている箕面の山、やっぱり、あそこまで行こう。
_018shirohime
千里中央公園の横を通って、府道121号から119号を北上。 今宮~外院~山並に添って西に少し行った所、白島東から山に入っていく、白姫神社の鳥居をくぐって山道が始まる。 ボランティアで道を直してくれている人達のおかげで、つるつるで滑りやすかった道が,行く度に歩きやすくなっている。2分ほどで上の本堂に着く。

_017
お堂の後ろに回ると登りの道がある。途中で左にそれる道を行ってみる、7分くらいで、開けた場所に石の古い祠のあるところに着く。南の眺めが良く、梅田や京橋のビル群がよく見える。(標高240m) 
_014

白いテープに導かれて行くと、元のコースに合流できる。 
_0151

なだらかな森の中の谷山尾根は、大好きなコース。特に夏は木陰を走れるので、よくここを走る。 夕方5時過ぎ、もう誰も居ないはずと思って走っていると、下山の人に出会ってびっくり。 挨拶してすれちがう。
_012
_011mitisirube
古い道標が木の陰に立っている。「右 中山、左 大阪」と彫られている。しらみ地蔵、外院尾根へはあと少しだけれど、ここで、勝尾寺方面を左に分け、豊能自然歩道を下る。 この道は、小川沿いで鬱蒼とした谷道、下のほうはいつもじめじめして、うっかりすると靴をぬらしてしまう程。薄暗い道をとっとこ下る。昼なお暗い谷道が、日没ともなると更に暗く、水溜りを踏んでしまって少し湿った足になってしまう。青松園の住宅地の端まで来ると 左にあたごの森への入り口のたて看板がある。外院2丁目。 街には明かりが灯りかけている。 6時、日が長くなって嬉しい。 今宮~府道119号 国立循環器病センター、北千里を通って、山田駅~千里高校・高野台~自宅
7時ちょうどくらいに家に着いた、もう真っ暗。 帰り道万博公園西のローソンで暖かい飲み物で小休憩。 ランナーズのLSDリュックのひとに出会う、同じ方向から来たみたいだった。 久しぶりにやっと山に入れて嬉しかった。 帰ってから、車で箕面のスーパー銭湯「水春」に行った。

« 裏六甲トレイルラン・つららと霜柱 | Main | あたごの森・自然研究路4号 »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ