Recent Comments

Recent Trackbacks

« 六甲縦走・半分だけ | Main | 高野台の桜 »

03/27/2005

難波~大阪城~難波

3月26日、用事の合間にちょっとだけ走る時間をとった。
難波、1時30分。洋服の下にはちゃんとランニングウェアを着込んでいるので、さっと脱いだら走り出せると思ったけど、なかなか、公園とか見当たらずそのまま歩いて北に向かう。
人が多くて歩いても真っ直ぐ進めない。 道頓堀のくいだおれや、大たこ屋なんか、観光客でいっぱい。
細いとおりに入って進む。 松屋町筋を過ぎて、谷町筋のちょっと手前の道を北へ行く。
kumanokaidou
熊野街道の説明が書かれた石碑と、八軒家から1.3kmの道標があった。 熊野街道とは知らずに通ってきたんだなぁ。
コンビニのトイレを借りて、上の服を脱いでやっと走り出す。

sewarigesui
途中、背割り下水の説明板があった。 大阪築城の際に東横堀川に下水を流すために作られ、その後も、大阪市の近代下水事業も、この下水の改良から始められ、今日も使われていると書いてあった。
こういう史跡を探して市内を巡ってみるのも面白いかもしれないなと思った。
isigaki
天満橋から東へ行った所にドーンセンター(女性の為の会館)があり、その北の端に、古い石垣の一部が設置されていた。三の丸北端の石垣、移築復元と説明があった。
oosakajou

umeenn-2
大手前を東に行き、京橋口から内に入り時計回りに進むと、梅園が見えた。 かなり散ってはいたけれど、木によってはまだ満開のもあり、美しい梅の花見ができた。 いつもは、ランナーもたくさん居るのに今日は少ないようだった。 
kagakukann
大手門から外に出て馬場町の交差点に、科学館が建っている。 

gakkouato
そのまま西に進む。 史跡、舎密局跡というのが通りにあった。 明治2年に建てられた物理化学専攻の学校跡地の楠木が残っているということ。 明治22年に京都市に移され、27年に第3高等学校となり、今の京都大学教養部になったということなどが書かれている。 その楠木の木陰で学生達が憩ったという。
へぇー、京大の元がこんな所に有ったなんて。

sakagutiouji
また、熊野街道に入る。 坂口王子の跡を通って、松屋町筋より一本東の道を南下すると古い屋敷をフルに利用した集合店舗があった。 周りには特にお店など無い所だったから、あっという感じだった。
洒落たお店がいくつか入っているらしいが、時間がないのでパンフレットだけもらって来た。
外にはレンタサイクル屋もあった。
人ごみと排ガスをなるべく避けて走っていくと、あっというまに難波に着いてしまったので、心斎橋に戻って、お風呂屋さんに行き、さっぱりして、また難波に向かった。
距離は11kmくらいだったけど、史跡などに巡り会えて楽しかった。

« 六甲縦走・半分だけ | Main | 高野台の桜 »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ