Recent Comments

Recent Trackbacks

« 水無瀬渓谷から釈迦岳 | Main | ポンポン山・かたくりの花 »

04/28/2005

箕面・清水谷

4月24日、箕面、外院尾根を越えて勝尾寺の後ろの最勝ガ峰を経て、清水谷へ。

4時、山田駅(阪急)に自転車を預けて電車で北千里まで行く。 北千里から約4kmで、

sumire-1 外院尾根の取り付き地点に着く。 畑の畦にはスミレや蛇イチゴなどの可愛い花がたくさん咲いている。hebiichigo

tennbou-1 外院尾根の一番下の展望所からの眺め。

geinn-bunnki-2 丁石の分岐で、真っ直ぐ行くと勝尾寺参道、左にそれるとしらみ地蔵があり、林道を真っ直ぐ西に行き、車道・勝尾寺線に出て、自然研究路4号に入る。

 

車道では、スポーツタイプの車が轟音を響かせてスピードを上げて、走り回っている。 日曜の夕方は家族連れの車もほとんど帰ってしまっているのを良いことに、我がもの顔で飛ばす車がちょっと怖い。

ヤブ椿やツツジも咲いている。

山道深く入ってしまえば、もう静かで気持ちが良い。

kaijououji-haka 勝尾寺のお経も終わって、うぐいすなどの野鳥の鳴き声が響く山道を東海自然歩道に登り、岩の多い急坂をつめると最勝が峰の看板のあるところに着き、北側には丸木の杣道がある。 杣道の右側は、開成皇子の墓。

tennbou-annnaibann 暫く行くと、展望所に着くが、木が高くてあまり展望は良くなく、もう少し北に行った辺りが展望がきく。

コバノミツバツツジが満開で美しい。

コルの所が四辻になっていて、北に下りると間もなく清水谷。

ここは、特に景色は良くないけれど、お花の宝庫のような所。

今日の目的もいろんなお花に出会うこと・・・でも、蕾が多く、まだちょっと早い感じだった。

ichirinnsou いちりんそう

enngosaku エンゴサク

kakidoosi カキドオシ

asebi アセビ

shimizutani-deguti 清水谷をもう少しで出る辺りで、いのししが渓流の反対斜面に下りてこようとしていたので、さっさと立ち去ることに。

箕面ダム湖の左岸の木の遊歩道を通って帰る。

minoodamu ダムには釣りをする人が数人見えた。

もうすぐ暗くなるのに・・・。

政の茶屋から箕面大滝、滝道を下る頃には暗くなっていた。

箕面駅からバスに乗ろうと思ったら、タッチの差で行ってしまった。

次のバスを待つ気にもならず、ロマンチック街道を南下し、モノレール小路駅まで行き、山田駅まで乗って帰った。

GPSの軌跡は次の文字をクリックで・・・

「4-24.bmp」をダウンロード

« 水無瀬渓谷から釈迦岳 | Main | ポンポン山・かたくりの花 »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ