Recent Comments

Recent Trackbacks

« 須磨浦公園から新神戸 | Main | 六甲縦走路・その3 »

04/14/2005

六甲縦走・半分だけ・その2

鵯越駅のすぐ脇をおりて川を渡ると、公園になっていて、やっとまた土の道になった。小山を巻くように進んでいき、下水処理場、菊水山トンネルの上を登って行くと、だんだん、山登りがきつくなってくる。 右手に新菊水C.C.(ゴルフ場)が見える。 風がだんだんきつくなり、霧が下のほうから勢いよく登ってきて山肌に沿って流れている。 視界が利かなくなる。 山の怪談ってこんな状態の中で現れたりして・・・とか思いながら登って行くと、強風の中から女の子の笑い声のようなのが、時々聞こえてくる。 でたぁ~! 手招きされてもさそわれちゃぁいけないんだよー! と、ほんとにお化けかと思ったら、(そこまでほとんど人に会わなかったし)・・高校生くらいのカップルだった。 低い山だけど、階段の急登が結構きつい。 

kikusuiyama やっと菊水山。(16時21分) 頂上も霧で強風。 物を置いたら飛ばされそう。 晴れていると景色が良いらしいが、全然、真っ白で何も見えない。 天王吊橋へ下る。 途中、家族連れに出会ったけど、幼稚園児くらいの子供を二人つれていた。 下り道は急で危ないけどあの子供達、大丈夫かな?と思ってしまう。 

tennouturibasi 天王吊橋は、川に架かっているというより国道に架かっている橋という感じが強い。 渡ってすぐに登り。 

nabefutayama 鍋蓋山はもうすぐそこ。 鉄塔を2個過ぎると少しなだらかになって、17時12分、鍋蓋山頂上に着くが、雨が少し降っていたり、強風だったりで、薄いジャケットを着る。 

なだらかな下りの後、再度山公園への分岐を過ぎ、

dairyuuji 大竜寺(17時33分)を経て、市ケ原に着く。(17時51分) 

« 須磨浦公園から新神戸 | Main | 六甲縦走路・その3 »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ