Recent Comments

Recent Trackbacks

« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

05/26/2005

野辺山高原ウルトラマラソン・振り返って

完走できなかった大会は振り返りたくも無いけれど、ここに、記せば気持ちも落ち着くかもしれないし・・・

 140kmを走った(歩いた)後だということを、忘れてはいけなかった。 ・・・ 足はもう疲れがほとんど残っていなかったと思う。 けれど、内臓は充分回復していなかったようす。 

 夜中に起きて、まだ眠っている身体に朝ごはんは無理!

日中だと消化しても、胃袋はまだまだ眠っている状態で、無理に食べたのが間違いの元だった。

走り出してすぐにムカムカして、給水すら出来なかった。

涼しいとは言っても結構汗で水分は無くなっていく、その上、給水できないでは、脱水症になるのは目に見えている。 おまけに、いつもの下痢状態。 

人にもよると思うけど、私の場合は、空腹ぐらいで走り出して、途中で食べる方が良いみたい。

でも、どうして? 大会の時、 軟便か下痢状態になるのだろう? 

あらかじめ、下痢止めとか多めに飲んでおくといい場合も有ったけれど・・・、途中で飲んでもなかなか効かないし、困ったもんだ。

 トランジットに時間をかけないように工夫をしないといけない。

ちょっとした時間でも、私のようにスピードの無い者は関門時刻を気にしないといけないことが多いから、1分でも無駄にしてはいけなかった。 

チャンピオンチップの付け替えはワンタッチで出来るように、足首に着けるとか。

今回のように、靴さえ換えていなかったら、関門に間に合ったと思うと、余計くやしい。 

 コースなどの情報をちゃんと自分なりに整理して、ウェアだけじゃなく、靴選びも他人の意見に惑わされず、決められれば・・・。

トレイルコースのために、山行き用のトレイルランシューズを持って行ったけれど、砂利の林道だったから、トレイルシューズを履かずに、普通のウルトラシューズで行けばよかった。 トランジットでは給水とトイレだけにしておけば、関門に間に合ったと思う。

 ウルトラの前はやはり、個室に泊まった方が良いかもしれない。

今回、初めて相部屋にした。 5人部屋で楽しかったけれど、のんびり出来ないし、マイペースでというわけにいかず、疲れる。

でも、つぎの大会の舞鶴はかんぽの宿で、相部屋。 気の張る大会じゃないから、舞鶴はその方が楽しくて良いかな?

野辺山高原は新緑や山がとても美しく、カッコウや鶯の鳴き声の中を走れて、坂道もたいしてきつくないし、いつか、リベンジ参加したいものだけれど、萩往還道を走ることを思うと、2週間しか空けずにチャレンジするには練習が足りないと思った。

次は、レンガの街舞鶴マラニック、100kmちゃんと走りたい。

野辺山から3週間あると思っていたら、きっちり2週間しか空いていなかった。

でも、野辺山を完走できずに落ち込んで帰ってきた私を慰めるかのように、舞鶴から案内が届いていたので嬉しかった。

萩往還道・振り返って

萩往還道は、お天気にも恵まれたし、トラブルも大して無かったし、とても楽しめました。

反省というか、自分なりにいろいろと思ったこと・・・。

☆ 早い時期から、他人に何と言われようと、簡単に諦めないこと。

今回、スタッフの人とか、250km参加の人とか、笠山辺りで出会った人が励ましてくれたおかげで完踏できたけれど、あきらめムードのまま走っていたら、きっと、時間内ゴールは出来なかったと思う。

参加賞として頂いたTシャツに書かれている言葉がとても良いのです。 

「あきらめんと帰ってこいよ

待ちよるからのお

くじけちゃいけんよ」  小野

帰ってきてから、この文章に気が着いて、じーんときてしまった。

できればまた参加したい大会。

参加したい大会が増えて増えて、困ってしまう。

ウルトラの大会って、リピーターが多いのがわかる気がする。

他には

☆ お腹の調子など、全身的にベストで臨める様に気を使うべき。

  当たり前のことなんだけど、できていないなぁ。

☆ せめて、3日前くらいから荷造りを始めること。

  これが、一番だめ! そのために、前日は寝不足となることが多い、興奮して眠れないことも多いけれど・・・。

萩は特に夜中も走るわけだから、今回のように前日も眠ってなかったら二日眠らなかったことになる。 ただでさえ、どこでも眠ってしまう方だから、睡魔と闘うのが一番つらかった。

反省することはいろいろあるけれど、体調さえ悪くなければ悪天候もそれなりに楽しめるから、自己管理が一番大事かな。

05/22/2005

関門越えられず

リタイアしました。

萩往還道の疲れが、まだ残っていたようで、内蔵がきつかったです。p506ic0023593271.jpg

05/21/2005

八ヶ岳野辺山高原ウルトラ

明日、朝5時スタートです。
YOKKO@p506ic0022872362.jpg

05/15/2005

萩往還道・ゴールを目指す

いよいよ、萩市から往還道を通って帰る。

あれっ! 有料道路、右手に見えるし、ここは車も通らない道? 70km、140km、250kmのランナーが合流してゴールを目指している。 朝、この道は通らなくて、右の上のほうに見える有料道路を走ってしまった事に気づく。 

有料道路休憩所には人がいっぱいでごった返していた。

エイドも充実していて、びっくりした。

朝は何にも無かったのに。

まだ、山口方面からウォーキングの部の参加者が続々と萩を目指していて、応援してくださる。

同じ方向に進むのに、70kmの参加者からも応援エールを頂く。 250kmの人だって、みんな結構元気だったし、私も、途中でのんびりヤッテタせいか?元気だった。

もっと、ヨタヨタするかと思っていたけれど、大丈夫。

萩往還道を山口に向かって越えていく。

夜中に同行のSさん達と、「この路、どっちから越すのがきついかなぁ?」とか、話しながら越えてきたけれど、帰りは一人旅。 昼で明るいから、足場も良くわかるし、なだらかな所は下りも登りも、ゆっくりでも出来る限り走る。

途中で、暗闇の往還道で気分が悪くなってしまった千葉のAさんのことを思い出す。 真っ暗な往還道で、先に行ってと言うAさんをおいて行ってしまったけれど、また気分良くなって後ろから来ているかな?とか思っていた。

oukanndou 綺麗な花やワラビがいっぱい。 写真撮りたいしワラビ取りも良いなぁなどと思うけれど、往還道を1枚だけとって、先を急ぐ。

薄桃色のおどりこ草がたくさん咲いていた。

夜は気味悪く思った、休憩所などもハイカーで賑わっていた。

明木市は観光客で賑わっていた。

萩焼祭りだとか、イベントをやっている最中だったようだ。

ここも、エイドは見違えるほどだった。

何か食べたような気がするが、覚えていない。

一升谷の峠を越えて、車道に出たりまた往還道に入ったり、佐々並のエイドのお豆腐を楽しみにしてきたのに・・・・

佐々並エイドに着くが、一向にお豆腐を振舞ってはくれない。

遠慮がちに「あのぉ、お豆腐~は?」と聞くと、エイドの皆さん、申し訳ないといった顔で、「たった今、無くなりました、ごめんなさい」って!  「そんなぁ~」 非常食も、一度諦めた萩城址に置いてきてしまったし、ここからゴールまで約20km、山ばかりでコンビニどころかエイドも何も無い!!!

虎が崎のカレー、大盛りにしとけばよかったぁー。と思っても後の祭り!

カックリ肩を落とす私を見て、高校生くらいのお兄さん、「さっきの人、少ししか食べれませんって、半分残されたのなら有りますが・・・」と半分の豆腐を差し出してくれた。 嬉しい!と、がぶりとかぶりつき、二口三口でたいらげてしまった。 

まだ、間に合うから頑張ってくださいねと応援を頂き、登っていく。

夜中、一番眠くて朦朧としていた場所だけに、この辺はコースに覚えの無い部分が一番多い。 車道をこんなに走ったかなぁ?とか思いながら行くと、首切れ地蔵とか、修復されていない往還道とか遺跡が所々に見えた。 

草餅と熱い麦茶でもてなしてくださった、上長瀬のおばあさん達ももう私設エイドをたたんでいることだろうと思っていると、まだ、ずーっと、寝ないでエイドを開いていて下さっていて、ありがたかった。

お腹が空いていたので、また、大きな草餅を頂いて力が出た。

「私らも、全然寝とらんよ」と笑って答えてくれたけれど、鍛えられ方が違う!!!と感心させられた。

この草餅のおかげで、さいごのゴールまでの路を元気に走りきることが出来たように思う。

車道が長く感じる。

やっと、往還道に入り、板堂峠を越えると、きついきつい下りが続く。

転ばないように注意が要る。 昨年のように雨だと、かなり石畳が滑って危険だろうなと思う。 お天気に恵まれて良かった。

やっと、天花畑まで下りると、ゴールの瑠璃光寺まで車道を下っていく。 みんな一気にスピードを上げて走り下りる。

地図資料では、天花畑から瑠璃光寺まで2,2km程しかない様に書かれていて、30分以上時間があるのにそんなに急がなくてもと思ったけれど・・。

ずーっと下に山口の町を見ると、その距離表示はおかしいと思って、

私も急いで走ることにした。

瑠璃光寺への曲がり角を曲がったら、大勢の人が迎えてくれて、まるで、ウィニングランという雰囲気。 250kmのくーさんが、手を振って向こうから大きな声で呼んでいるのが見えた。 私も手をいっぱいに上げて答えた。 あと39秒あるぞー。 あきらめるなー! もっと走れ走れ!!!と応援や、拍手の中を駆け抜けて瑠璃光寺に入った。 嬉しいゴールだった。 ウェーブスタートの5分の貯金があったから、記録は、140kmラストランナー、23時間54分57秒。

佐々並で、お兄さんが「これからゴールすると、ヒーローになれるよ」と言っていた言葉、その通りのゴール前、うずらさん曰く「ビクトリーロード」だった。

リータさんが応援メールを送ってくれていた。 電話が繋がったら、ちょっと興奮気味、ワァーっと喋ってしまった。

着替えに門前の茶店に行くと、そこの庭で美味しそうに炭火でお魚を焼いて、バーベキューパーティーをしている人達にびっくり、なんと、舞鶴の芦田さんやNAMIさん夫婦、(他数名)だった。NAMIさんは250kmと70kmにダブルエントリーしていて、320km走られた後で、美味しそうに炭焼き干物を次々とたいらげていた。もちろん、泡の出る飲み物付き。

芦田さんは、250kmのコースで私設エイドでサポートされていたとか。 またレンガの街舞鶴マラニックでお世話になります。

瑠璃光寺から山口駅まで、タクシーを拾うつもりで歩いて、結局駅まで歩いてしまった。 

9時の新幹線で大阪に帰り着いた。 (のんきに、来た電車にぽんと乗ってきたけれど、最終だったみたい。 OH!あぶない!帰れへんとこやった)

楽しかった。

また、参加したい。

できれば、今度は、またまた無謀にも250km!なんちゃって。

反省記につづく・・・

萩往還道・東光寺

hagi-kasayama 笠山は、萩の東の町外れにある半島の山で、この半島をぐるっと一周する。(写真は笠山から萩の街方面を眺めた所) 多くのランナーに会う、「なぁんだ、まだ、結構みんなこんなとこに居たんだー。」と、ほっとしてしまう。 そんなに、みんな諦めムードでもなさそうだし、良くわからなくなってしまう。 甲冑のような扮装をしたランナー、250kmの人だったけれど、「あんたは、140kmやろ? こんなとこでへろへろするなー!」っていう感じに、(そう言葉で言われたわけではないけれど)渇を入れるようなエールを送られてびっくりした。 「はいっ! 頑張りますっ!!」と答えた。

怪足亭のふきこさんに会った。 ずっと前になるけれど、どしゃ降りの大会で、私設エイドを出してサポートしてくださって、すごく力になった事など、お礼を言いわかれた。 怪足亭のメンバーは何人もこの大会に参加しているし、トップクラスにも何人も入っているし、すごいなぁと思う。

Continue reading "萩往還道・東光寺" »

05/14/2005

萩往還道・萩城址へ

明木市の手前辺りから明るくなっていたので、ヘッドライトと手持ちのライトをリュックにしまう。 ひっそり静かな明木市は帰りには、観光客で賑わう活気のある街道に変身していてびっくりしたけれど、朝はあっという間に通り過ぎてしまう小さな集落だった。

確か、また往還道の古い路を通ったと思う。 何度か、車道に出たり古道を通ったりするので、間違いかけた場所などはよく記憶に残っているけれど、記憶があやふやな部分もあると思います。

萩有料道路の入り口、休憩所から、中国自然歩道を通ることになっていたはずなんだけど、入り口を見落として、「歩道も無いけど、車もほとんど通らないし・・・、ここ、走るんやろか?」 とか、言いながら、有料道路を走って抜けてしまった。 萩駅の所では、帰りは70kmの参加者達とも出会い、250km、140km、70kmの参加者が合流してゴールを目指していくことになる。

玉江駅の途中で、横浜のSさんに先に行ってもらい、自動販売機でオレンジジュースを買って飲み、ゆっくり、萩城址へと進む。 

この辺りが、なぜか一番調子が出なかったと思う。 お腹も調子悪く、時々差し込むように痛かったり。 お腹の調子が悪いのは良くあることなので、大して気にもしなかったけれど、疲労感につながっていたかもしれない。 下痢止めの薬はなかなか効いてこなかった。

萩城址、石彫公園に着いたときは、7時をまわっていた。 荷物を受け取って、女子の更衣用のテントに入ると、先に着替えていた参加者の人が、「もう、この時刻だと、完踏できないですよ」なんて言う。

そんなこと、全然思ってなかったから、ショックだったけれど、気を切り替えて、「まぁ、せっかく来たことだし、時間もまだ、10時間以上もあるから、時間いっぱい遊ばせてもらって明木市あたりで、バスに乗っけてもらうかな?」 と、あっさり諦めて、全く観光モードになってしまったのです。 それなら、体の汗もしっかり拭いて、全部着替えて・・・と、なんと、30分くらい、石彫公園で過ごしてしまった。 、ここで止めてしまう人たちなんだろうけれど、のんびり過ごしている人も居た。 

hagi-kaigann-2 海岸沿いを東に、笠山を目指して、のんびり走り出す。 菊が浜の海岸沿いは砂浜で、景色も良く、写真を撮ったり、自動販売機でジュースを飲んだり、全く、観光そのもの。

気持ちの上では、まだ、半分、完踏間に合わないって言うのが納得いっていない。 帰りの往還道は明るいから、帰りは結構山道も走れる・・・特に、得意なトレイルラン・・・ということを忘れていた。 

他人に、間に合わないよと言われたことを、そして、昨年のデータをそのまま鵜呑みにして信じてしまったことを後で反省した。

笠山までは平らな道路で、走りやすい。

笠山から帰ってくる250km、140kmの参加者とエールを交換しながら次々すれ違う。・・・つづく・・・

05/12/2005

萩往還道・萩へ

真っ暗な、山道。 ライトだけが頼りなので、途中でバッテリー切れにならないように、山口を出る時に換えておいた。

森の木々の間からは、真っ黒な夜空にいっぱいの星が煌めいて、ため息が出そう。 大阪ではまず見ることのできない星達が、やさしく見守っていてくれるように思えた。 路は草が生えて、絨毯のような所もあり、ゴロゴロ石ころで、足をとられるような所もあり、石畳もあり、一様ではない。 前日も、興奮してなかなか眠れなかったし、昨夜も夜通し走っているから眠くて眠くて、どうにもならない。 何処でも眠ってしまう私を心配して、長女が何度も携帯に電話してくれたけれど、往還道までは電波も届かない。 

時々、カクッと一瞬眠ってしまっていたり。 朦朧としていたり。 一人だったら道端で転がって眠ってしまったかもしれなかった。 危ない危ない・・・。

往還道入り口から、往還道最高地点の560mの板堂峠までは、2,5kmしかなく、標高差は400mくらいしかないはずなのに、なぜか長く感じた。 

奥様と70kmのコースも一緒に走ると言う、Nさんともお互いにエールを交わしながらすれ違う。

道幅は結構広い。

車道に出て下っていき、真っ暗な夏木原キャンプ場を過ぎると、一軒家に明かりが見えた。 上長瀬のおばあさん二人で、草餅を作って、熱い麦茶でもてなしてくださった。 (お二人とも、1日中、寝ないでエイドを開いてサポートしてくださっていた) 

山は気温5度以下になりますよ、と言われていたけれど、スントのリストコンピューター持参の人が言うには、2度だったらしい。

寒いとは思わなかったけれど、熱いお茶と、餡子入りの草餅は、そうとう力になった。 お礼を言って出発。 

暫く、車道を走る。 眠くてジグザグになっていそうだけれど、走れるところは登りだろうが下りだろうが走る。

先行していたSさんが道端で待っていてくれた。 また、地道の往還道に入る、分岐だった。 一人で朦朧と走っていたらまず、知らずに通り過ぎてしまったと思います。

旭村佐々並市の集落にエイドが用意されていた。 たしか、レモンとか梅干などを頂いたと思う。 

暫く行って、また往還道に入る。 一升谷の小さな峠を越えた辺りに休憩所のようなところがあって、同行していたSさんが真っ暗な建物の中に「トイレ」と言って入っていった。 私もトイレに行きたかったけれど、なんだかゾッとする場所だったので我慢した。 後で地図を見ると、そのあたり、町田梅之進自刀の地と書いてあった。

急な下りの後、旭村明木市(あきらぎいち)に着く。

明木市に向かう途中あたりで、夜が明けて明るくなって来ていた。

明木市のエイドは役所のような建物で、中のトイレが使えたので良かった。 

  

05/11/2005

往還道・山口から萩

5月4日、真夜中です。 「夜中は静かに・・・」と言う、会長さんの注意を思い出す。 そう、真夜中なんですね。 6時間前にスタートした瑠璃光寺を左に、山のほうに登っていく。 なだらかな登り、何か大きな建造物が見えてくると、一の坂ダムだった。車道を右に分け、真っ直ぐ登ると、暗闇の道が更に傾斜を増して見えた。 そこが、萩往還道の上り口。 

mitisirube-1 クネッと曲がったデザインの石の道標に、手をつけて、「必ず帰ってくるよー」と、言ったものの、さあ、どうなることやら。

いつか、参加した友人にコースについて聞いたら、「坂なんてものやないよ、壁みたいやったね」と教えられた。

主催者から送られてきた地図を見ても、等高線が混み合っているから、まぁ、予想はしていたけれど・・・!

Continue reading "往還道・山口から萩" »

05/09/2005

山口萩往還道・山口から防府

5月3日、午後1時30分頃新山口に着く。 ランナーらしき人が次々と山口行きの在来線の方に来たので、なんだかほっとする。 京都放送レッツランのワカちゃんたちにも会えて一緒に山口へ。 瑠璃光寺へ受付と、教育センターでの説明会に参加する。 

rurikouji-1 瑠璃光寺門前の茶店のお座敷が、女子の更衣室に開放されている。 ディクトンをあちこちに擦り込む。 荷物は家から、2箇所に預けるように分けて包んでいたけど、開いてもう一度、行き先に間違いないか調べたり詰めなおしたり。 最初の荷物はスタートしてから1kmほど先の福祉センターまで、自分で持って走るらしい。 ちょっと重いけれど、山口から萩までのトレイルのために、少し安定の良いサロマLSD(昨年からのでちょっとボロ)も入れておく。 迷ったけれど、結果、山口に戻ってきてから靴を換えて良かったと思う。

スタート地点ではすでに並び始めていた。

私はやっと第2ウェーブくらいの位置に入れてもらったら、丁度、そこに途中の電車で同席しておしゃべりした横浜のSさんと、千葉のAさん。3人とも初参加で、誰も頼りにならないけど、「時間内完踏が今日の目標」というところが3人の共通項だったので、途中まで一緒に行動した。 

「あれぇ? なんか、拍手してるよー、もうスタートしたのかなぁ?」

第1ウェーブのスタートでした。 遅れること5分、「おーっ!!!」と、勇ましいおたけびを上げて、私たちのスタート。 ゆっくりゆっくり走る。 

Continue reading "山口萩往還道・山口から防府" »

05/08/2005

藤白峠・熊野古道

藤白峠・熊野古道

午後、娘と一緒に藤白神社から熊野古道を登りました
景色が素晴らしいです

海岸をジョギング

海岸をジョギング

気持ちの良い朝です。和歌山マリーナシティーを通って海岸までジョギングです。

和歌山マリーナシティー

和歌山マリーナシティー

朝のジョギング@

05/06/2005

なんとか完踏しました

kanntou 山口100萩往還道、140km完踏しました。

久しぶりに満天の星を見ました。

最後は必死のラストスパート、足の裏がだるかったけど、往還道を出て瑠璃光寺までは、忘れてしまうくらい頑張りました。 まぁ、24時間もあるのにどうして完踏率が低いのか、よーく解りました。

ゆっくり、完踏記を書きます。

一言感想・・・楽しかった!!!

また行きたい!!

05/03/2005

スタートです

スタートです

いよいよ、萩山口往還道140キロのスタートです。
YOKKO@

« April 2005 | Main | June 2005 »

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ