Recent Comments

Recent Trackbacks

« 萩往還道・萩城址へ | Main | 萩往還道・ゴールを目指す »

05/15/2005

萩往還道・東光寺

hagi-kasayama 笠山は、萩の東の町外れにある半島の山で、この半島をぐるっと一周する。(写真は笠山から萩の街方面を眺めた所) 多くのランナーに会う、「なぁんだ、まだ、結構みんなこんなとこに居たんだー。」と、ほっとしてしまう。 そんなに、みんな諦めムードでもなさそうだし、良くわからなくなってしまう。 甲冑のような扮装をしたランナー、250kmの人だったけれど、「あんたは、140kmやろ? こんなとこでへろへろするなー!」っていう感じに、(そう言葉で言われたわけではないけれど)渇を入れるようなエールを送られてびっくりした。 「はいっ! 頑張りますっ!!」と答えた。

怪足亭のふきこさんに会った。 ずっと前になるけれど、どしゃ降りの大会で、私設エイドを出してサポートしてくださって、すごく力になった事など、お礼を言いわかれた。 怪足亭のメンバーは何人もこの大会に参加しているし、トップクラスにも何人も入っているし、すごいなぁと思う。

kasayamasanntyou9時10分、 程なく山頂に着く。 木の下にチェックポイントのライターがあった。

250kmの人が、ちゃんとチェックするようにと教えてくれた。 

半島を巻くように道があって、綺麗な景色を眺めながらとことこ行くと、スタッフの人やランナーも何人か居て、手を振って「お疲れさん」、と迎えてくれた。 へぇ?何なのかなー?と思ってキョトっとしていると、「ちゃんとチェックしないと・・・」とまた、さっきの人が教えてくれる。 え?もう、またチェックポイント? 

虎が崎はまだまだ先にあると思っていたし、ここで食事が出来ると言うこともすっかり忘れていた。

椿の館という仰々しい名前の食堂。 全然イメージと違うので、この時はここが椿の館だとは思っていなかった。 

暑くて、ちょっと胃がむかついていて、食欲も無かったけれど、カレーライスに添えられているオレンジに釣られて、カレーを注文した。

一口、ひと口、カレーを食べる、辛くて美味しい、しだいにパクパクパク。

これが、大正解!

ググっと元気が沸いてきた。 ムカムカも治まったし、出発。

快適な土の遊歩道を通り、また、来た道に出会って車道を暫く走るが、交通量も増えてくるし、東光寺への分岐まで結構暑くてぼんやり走っていると、スタッフの人が自転車で通りかかり 「その調子で行ったら、ぎりぎりだけど、時間内に行けますよ」と応援してくれた。

まだ、諦めの観光モードでちんたら走っていただけだったのが、そのスタッフの一言で、パッチリ目が覚めたって感じで、「ゴールまで行けそう? よーし、じゃあもうちょっと真面目に走るぞー!!」と気を入れ替えてゴールを目指すことに・・・。(なんと、単純な・・てか? ええの、わたしってそんなもん)

toukouji-2 11時20分東光寺に着く。

知らずにとっとこ山門をくぐり、中へ入っていったが、後から来るはずのランナーが来ないし、チェックライターの場所もわからない。

あれ? おかしいなー。 山門へ戻ると何人か集まっていて、そこがチェックポイントだった。 後ろから見ていた人は、私がさっさと中に入って行ったので、知っていて、お寺を観に行ったと思ったらしい。

地図は持っているけれど、大雑把にしか読み取れず、分岐点などでは、後続のランナーを待って、ここで良いのかなぁ?という感じで、進んでいった。

 萩の町を抜ける前に、コンビニによってペットボトル2本買い、手に持って行く。 実は、萩城址で着替えた時、ゴールまでいけると思ってなかったし、リュックをウェストポーチに換えてしまっていた。

萩駅の高架を渡る辺り、早朝通った時には、車も人もきわめて少なかったけれど昼間はやはり活気がある。 この辺から有料道路、と思って進んでいると、後方から「おーい! おーい!」と呼ぶ声が・・・。

なんと、道には誘導の白線まであるのに、見落として違う方向に行ってしまう所だった。

« 萩往還道・萩城址へ | Main | 萩往還道・ゴールを目指す »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ