Recent Comments

Recent Trackbacks

« 服部緑地 | Main | 夜叉が池伝説マラニック・1日目 »

07/20/2005

箕面・鉢伏山

7月20日

外は暑いし。

やっぱり、暑い日中は山が良いかな。 今日も箕面に行くことにした。

早くも、お猿達が道路に出てきている。

箕面大滝を登った所にある駐車場に車を停める。

この駐車場は閉めないらしく、いつ見ても閉鎖したことが無いみたいだから、時間をあまり気にしなくてもよさそう。

どのコースを行こうかな? 駐車場からすぐ、百年橋を渡ったけれど、引き返して車道を政の茶屋園地まで行くことにした。

休日ではないので、さすがに車は少ないけれど、歩道が無いのでチョッと怖い。

何回かカーブを登っていくと政の茶屋園地に着く。

駐車場奥に自然歩道3号路の入り口がある。

minoodamu 登ってすぐに右「箕面ダム」への分岐に行くとダムの西端に出て、しばらくは車道を長谷橋へ。

長谷橋のところに怪しい車?と思ったら、水道局の車だった。

鎖を越えて自然研究路7号を登る。 長い間、通行止めだったのが、ちょっと前に復旧されていたのでこの道は初めて通る。

7gouro

いきなり階段の登りなので、ずっとこんな道かと思ったら、すぐになだらかな走りやすい道になった。

オレンジ色の木の実を食べると、とても甘くて美味しかった。 

先日の夕方、急いで走った車道が左に見える。

木の道が快適な道、でも、真昼だと木陰の無さそうな部分も結構あった。 真新しい木の道が付けられていた。

kinennmori-sibafu 箕面記念の森、公園の南に着いて「大阪環状自然歩道」の道標どおり進む。 公園を抜けて、先日通った「鉢伏山」への分岐を行く。

osakakannjou

鉢伏山まで、笹の茂る道で、小さな蝶や蛾が、足元から舞い上がる。

kiserubai 蝉の抜け殻もたくさんあったし、山のバイがtyou あった。

鉢伏山のピークに寄ってから、明ガ田尾山方面へ。

hatibuseyama-1 鉢伏山からは余野川向こうの天台山などの眺め、反対側は北摂霊園の上部が見える。

山を下っていく。 道は今までとは打って変わって、細く、これが道なのかな?と思うほどの所もあった。 ガレたところもたくさんあったり、岩が滑りそうで足場にかなり気を使った。下り傾斜も結構きつい。 鹿かと思うけれど、動物の足音と草を分ける大きな音がすぐ近くに聞こえた。 

谷に下り切った辺りで、明ガ田尾山への登りとの分岐、梅ケ谷を車道の方へ。 今日はここで車道に下りることにする。

雑草が道にせり出しているので、車が来ても道の端に避けられない。

minoogawa 自然研究路6号には箕面川の起点の表示がある。

hana-1 ダム湖左岸の遊歩道を通る。

ダムを西に渡り、自然研究路3号に入って、2号分岐を百年橋方向に下り、駐車場に帰った。 

夕方、散歩に、デートにといった人が来ていたりするので、まだここの駐車場には数台停められていた。

赤ちゃんを抱いたお猿が道路を移動してお家に帰る所だった。

« 服部緑地 | Main | 夜叉が池伝説マラニック・1日目 »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ