Recent Comments

Recent Trackbacks

« 箕面・滝道 | Main | 紀州口熊野マラソンー2 »

02/07/2006

紀州口熊野マラソン

2月5日

第11回紀州口熊野マラソンに参加。

この大会、4回目の参加かなぁ、南紀州とあって日差しはいつも暖かく、冬の大会として安心して参加できるし、山間ののどかな雰囲気や美しい富田川や熊野古道のある山なみの美しさが気に入っている。

初めて参加していっぺんで気に入ってしまった事・・・

ゆっくりのんびりランナーの私がゴールする頃はだいたいどの大会も、出店が閉めようとしていたり、いろんなアトラクションもすっかり終わっていて、ちょっと寂しい。 でも、ここは5時間ランナーが帰ってくる頃に表彰式があったり、アトラクションなども賑やかにやってくれているし、お店もまだまだ営業している。

チップを取り外すのをしんどそうに見えると、スタッフの人がさっと来て靴紐を解いてはずしてくれたり。 さりげなく親切。

参加賞のTシャツは一昨年までは有名メーカーのポリエステルの機能Tシャツだったけれど、昨年から質が落ちて残念だと思う。

なにも、無理にTシャツを参加賞に入れなくてもいいのになと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝8時30分頃川原の臨時駐車場に着く。

女子更衣室にはいると部屋はほぼいっぱい、毎年参加者が増えているようにみえる。

「ここ、空いてますか?」と私よりちょっと年上かな?と思しき二人がやってきた。 二人の荷物が置けるほど余裕は無いけれど、いすも有ったので「どうぞ」と。

いろいろ話していると、山口から来られている事や、萩山口往還道のお手伝いもされている事や、舞鶴の芦田さんの大会(レンガの街マラニック ・ 丹後七姫マラニック)もずっと参加されていたとか。

話がはずんでとても楽しかった。 年齢を聞いてびっくり! お二人とも60代だという。 どう見ても二人とも50代にしか見えない。

ゴールも私よりずーっと速かったし。

004start スタート地点に行ってきょろきょろしているとFRUNの幸人さんに会えた。 「ここは暖かいと思って来たら、けっこう寒いねー」と幸人さん。 寒波がやってきたから今年は特別ちょっと寒い。

でも、日差しは日焼け防止クリーム塗らないといけないくらい強い。 リータさんは見当たらないし連絡も取れず、不参加かなと思った。

12月にひいた風邪がいつまでも影響して、なかなか走れなかったのでずい分なまくらになってしまっているから、ワースト記録塗り替えになるかなー?と思いながらスタートする。

朝来の町をぐるりと回って国道に出る。

前半は富田川に沿って上流に向かって登って行く。 一つ目のトンネルを抜けると熊野街道ゆかりの稲葉根王子がある。

晴れているけれど、時折、雪がかすかに舞う。

川の流れがきらきら光っている。

9kmで一つ目のエイド、ドリンクとバナナを頂く。

折り返しまではほとんどなだらかに登っていく道。 二つ目のトンネルを過ぎてしばらく行くとトップが折り返してきた。

先導は婦人白バイとパトカーでかっこよかった。ランナーより、白バイに注目してしまった。

takisiri 熊野古道館、滝尻王子跡(ここから何度か熊野古道の山道にはいって行ったことがある)を横目に、滝尻トンネルを通る。

« 箕面・滝道 | Main | 紀州口熊野マラソンー2 »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ