Recent Comments

Recent Trackbacks

« 箕面・外院から妙見山トレイルラン | Main | 外院尾根から妙見山・・・ »

03/24/2006

谷山谷から止々呂美林道

3月21日(曇り)

午後2時過ぎ、北千里駅から北へ今宮交差点を渡ってまっすぐ坂を登りながら、どっちに行こうか考える。

15-taniyamadani 今日は谷山谷から登り、行った事のない道を走ってみようと思う。

廃坑跡を右に見ながら細い渓流沿いに登る。 モーターバイクで遊びに来ている人が数人いた。 モーターバイクで山に入る人たちは道じゃないところも平気で踏み荒らす。 しかもバイクで!

そこには可憐な草花は芽吹いてこない・・・なんて気にもしていないみたい。 また、そこがあたかもハイキング道のようになってハイカーを惑わすんじゃないかと危惧する。

自然の山に入るのは徒歩だろうと、程度の差はあっても自然破壊をしているのかもしれないけど・・・・。

才が原池の横を通り才が原林道を政の茶屋園地に行く。

15-30masanotyaya 政の茶屋園地にはカタクリの蕾など早春の花が咲いていた。  

                                   

                                   

katakuri

ビジターセンターでは夫婦ハイカーが堂屋敷への道が見つからなかったと「ああでもない、こうでもない」と地図とにらめっこしていたので教えてあげた。

のんびりしゃべっていたら3時45分、そうだ!今日は時間があまりなかったんだ! 園地のトイレを借りて、自然研究路3号へ。

ダム湖の車道に出てそのまま車道を走る。

いつもなら自然研究路7号を行くんだけれど、目的は「止々呂美林道を行ってみること」にしたので車道を登る・・・でもなかなかここも手強い!

車道からは時々自然歩道が見える、FRUNのみんなと来たのが昨日のように感じる。 あれからもう3ヶ月。

けっこう傾斜が急でしんどくなっては歩いてしまう。

「わたしって軟弱もんやな、あかんわぁ」・・しかし・・

「リュックも結構重いし、」と、走れない理由を荷物の重量にしてみたり・・・まぁ、無理するとロクな事にならないし、で、ゆっくり行く。

エキスポ記念の森入り口に停められた車内にはさっきのハイカーの奥さんがいて、しばらく行ったところではご主人が山から下りてきた。

奥さんを待たせてご主人だけ山道を探索されてたらしい。

道路が下りになり、左に自然歩道の分岐を見ながらまもなく止々呂美林道の分岐に着く。

なだらかだったり傾斜が急だったり、道幅は車が1台通れるくらいなので所々に車がすれ違えるように広くしている。

止々呂美のほうは山を削って造成が進んでいて、眺めはイマイチ。

16-50-rinndou 道の雰囲気は悪くないけれど、なんか殺伐とした感じを受ける。

つづら折れになっているので思ったより距離がある。

川まで降りると4km以上ありそう、あと1kmくらいかなというところで引き返す。

坂道を走るトレーニングにはもってこいのような道。

たまに車が通るくらいで人にも会わない。

17-25yourakudaiennti 永楽霊園からようらく台園地に入り、落合谷を下った。

落合谷は渓流が美しい道、昨年はここを通って五月山へ桜を観に行き、府道を箕面までもどったことがあった。

トンネルをくぐって滝道に出る。 滝道はジョギングの人が数人、散歩の人は意外に少なかった。

カシミールの地図です、拡大して見てください。

「2006-3-21-gps.bmp」をダウンロード

« 箕面・外院から妙見山トレイルラン | Main | 外院尾根から妙見山・・・ »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ