Recent Comments

Recent Trackbacks

« 西国街道・京都まで | Main | 箕面・滝道 »

04/12/2006

西国街道・京都から昆陽寺

4月8日(曇り、黄砂、)

朝、準備してパッと家を出るつもりだったのが、洗濯干しや家族の昼食作りなどでちょっと出遅れる、いつも、なぜかこうなってしまう。

京都駅9時30分くらいに出発、東寺を通って羅生門跡に行く。

小さな公園に石碑だけが残っている。

この先少し行ったところ(九条御前)で南西方向に伸びるななめの道を行き、吉祥院を抜けていく。 ぽつぽつと雨が降り出しいきなりザザッときて小降りになった。

桂川を渡る、旧久世橋のほうを渡り、橋下をくぐって新しい久世橋の向こうに出る。土手の道の脇に旧街道がある。

旧街道には所々に小さな祠があって、古い石像が祀られている。

久世殿城で国道を渡り、真っ直ぐ行き地下道を抜けてJR向日町駅から阪急東向日駅に向かう。

相変わらず、狭い道をバスや車、バイクや歩行者があふれるように、お互い様子をみながら通行している。

この道、どうにかならないのかと思う。

東向日駅前を斜めに路地にはいる。 お地蔵さんを祀った祠や灯篭などが点々とあり、石畳など旧街道の風情を感じさせる。

西山高校では入学式だった。

須田家住宅の隣は筍屋さん、やわらかく美味しそうな筍をやまのように陳列して売っていた。 あ~、買いたいな~!横目で見ながら先へ。

向日神社鳥居から本殿に向かう道に桜が満開だった。

すこーし上り坂になって石塔寺を過ぎ、阪急の高架下を渡り、向こうの路地に入る。 石畳と木造の塀の静かな通りを抜けると小畑川。

一文橋を渡り神足、長岡京駅前を通り、緑が丘の住宅地で桜の綺麗な小川を渡った。 真っ直ぐ行けばよかったのに、道をはずしてしまった。 大阪成蹊大学のところでまた街道に戻る。

ちょっとややこしい調子八角の交差点。 先週は反対側から通ったから、感じが違って見える。

小泉川を渡ると大山崎。町役場、

阪急大山崎駅前からJR山崎駅へ。 離宮八幡宮やサントリー蒸留工場、美術館などがあるので観光客でにぎわっている。

道は南向きから西向きに進む。

黄砂で山もあたり一面霧がかかったくらいに白く見える。

天王山の山は山桜と新緑で春らしい優しい感じ。

道は狭く、乗用車がやっと譲り合いながら通れるくらいだけれど府道67号、西京高槻線。

たいくつな住宅地を過ぎ、島本町の町役場から水無瀬渓谷方面への道路の高架をくぐるとすぐに桜井駅跡がある。

高槻市に入る。

JRと名神高速の間を進む。 所々に古いお地蔵さんが祀られている。通り沿いには一乗寺、畑山神社、などお寺が点在している。

槙尾川を渡り真っ直ぐ西に向かって行く。 府道79号と交差するところから旧街道は67号から外れてそのまま真っ直ぐ西へ。

高槻駅前を過ぎ、商店街を通る。

さすがにお腹がすいて、ちょっとシャリバテぎみ。

そこへたこ焼き屋のいい匂いが・・・。 8個くらいと思って注文したら大きなたこ焼きで、食べるのも熱いし、20分以上休憩してしまった。

芥川一里塚、古い家並みを過ぎ、芥川を渡り、右に継体天皇陵をみて、太田の一里塚跡を過ぎる。この辺りはもう茨木市。

名神高速をくぐり耳原、安威川を渡ると清坂街道(府道110号)と交差し、やがて国道171号に出会い、南に渡り宿川原町の椿の本陣の前を通り、勝尾寺川に沿うように西に進む。

豊川町の辺りは工場などが多く殺風景。

箕面市、小野原に入るとまた風情のある石畳の道筋になり車も少なく快適。 旧街道らしい雰囲気。

勝尾寺の大鳥居下は生活道路となっているので、車も通る。

今宮の交差点を東から西に細い路地から通るのは初めてで、いつも通る交差点だけど違って見える。

171号に出てしばらく国道を行く。R423号を過ぎ、萱野3丁目辺りで旧街道に入ると萱野三平旧宅がある。 赤穂浪士に関わるひとらしい。

旧街道らしい風情のある道がしばらく続く。

間違えて早いめにR171に出てしまったけれど、本来は友栄寿司のところまで旧街道を行ける。

牧落で171を渡り、旧街道は171の北になる。

入り口辺りは車でぎっしり、歩くのも溝ぎりぎり。

やがて旧街道らしい道となり桜井駅前、半町を通り、箕面川手前を左に曲がる。(ほんとは、間違えて川を渡ってしまった)

半町の旧宿場跡があるらしいけれどなぜか見落としてしまった。

石橋駅付近は国道の高架や線路などややこしい。

石橋阪大下から公園の横を通り、国道から細い路地に入って西に行くがやがてまた171にはいり、猪名川(軍行橋)を渡る。

軍行橋西詰で川沿いの道を南に行きダイハツの工場の角から西に。JR福知山線を渡り、多田街道と交差するところには多田街道の看板と碑や説明がある。

伊丹坂をのぼる。 和泉式部の墓があるらしいけれど寄らないで西に進む。静かな住宅を通っていくと、大鹿の会館のところに古い道標があった。

伊丹庁舎を過ぎ、また171号に合流。

171号を北に渡ったところに昆陽寺がある。

もっと先まで行きたいところだったけれど、今日はここでやめて、Uターンする。

通ってきた旧西国街道より南の県道を東に戻り尼崎を目指す。

途中でJRに乗り尼崎へ。

FRUNのみんなと中華料理屋さんで合流して楽しい1日の締めくくり。

« 西国街道・京都まで | Main | 箕面・滝道 »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ