Recent Comments

Recent Trackbacks

« 練習会 | Main | つづき・・夏の夜走り »

07/20/2006

夏の夜走り

7月15日

曇り・蒸し暑い夜

奈良県、桜井駅前からスタートし、奈良街道を辿り、大阪、玉造稲荷神社まで走った。

夏の夜走りには初参加、きっと何人も知り合いが参加されているだろうと思うが、ドキドキ。

真っ暗な道を走るのは慣れているし、地図を見ながら走るのも楽しい、でもやっぱり期待半分、ドキドキ半分。

駅前のスーパー前には参加者が多数集まっていて、腹ごしらえしたり、ストレッチしたり、もらった地図をしっかり見ている人も。

あまりお腹空いてなかったけれど、パンを一つ食べてスタートした。

雨がかすかに降ったけれど、ずっと曇り、ただやたらと蒸し暑かった。

数年前に天理から桜井まで山辺の道を走ったことがあるが、今回は山辺の道より西に平行している奈良街道。

初瀬川のほとりに仏教伝来の碑があった。

道沿いは旧街道らしく風情のある古い家が残っている。

スタートした頃から、遠くで花火の音が聞こえていて、JR桜井線を越え田んぼが広がっている辺りから斜め後ろ遠くに花火が見えた。

昼間だと古墳があちらこちらに見えるはず。

CP2は天理佐保のローソン。

ビール補給の人、アイスでおやつの人、みんなそれぞれ自分流のエイド休憩。 私はいつも休憩を長く取らないのでそこまで一緒に来ていた人達より先行することにした。

峠には集団で行かないと心細いけど、まぁその時は追いついてきた人達にくっついて行こう、誰もまわりに居なかったら誰か来るまで待って・・・と思いマイペースで進む。

CP3は長柄の芭蕉の句碑。「くたびれて 宿かる比や 藤の花」

道はほぼ道なりに曲がる所もあるがまっすぐ北上する。

名阪国道の高架を過ぎてすぐにCP4享保の道標(15,2km、22時09分)。

小さい古い道標があり、「これかなぁー?」って言う感じ。

集落や田んぼの暗いなかに一際明るい照明が付いている所があり、JR帯解駅だった。 

CP5は帯解寺(18km)

京終の駅の横を通り過ぎると奈良の街。

以前、友人と散策した奈良町の見覚えのある家並みだった。

猿沢の池の北にある興福寺南円堂がCP6、22.7km、23時17分。

ここからコースは西に真っ直ぐ大阪に向いて進む。

街の中は人の往来があり深夜というのを忘れてしまう。

垂仁天皇陵の近くでうっかり太い道を真っ直ぐ行ってしまいそうになったが、ちょうど二人組み参加者が道の向こうを細い道の方へ行くのが見えたので迷わずにすんだ。

地図を見ながらとは言っても、ヘッドランプだけで見るので、なかなか見難い。 磁石に付いているルーペを使えばよかったのに・・・。

垂仁天皇陵はCP7、27,3km、00時08分。

第2阪奈道路の高架を過ぎると、奈良側の最後のコンビニがあり、少し休憩。 この辺りまで、足の速い人達と前後しながら来てしまっていた。 私としては、ちょっとやばい!

峠越えをこの人達についていくのか・・・。

このコンビニでしばらく待っていたら、後続の人達が来るはずだし、

とも思ったけれど、長く休憩するのもいやだったので、速い組にくっ付いて行くことにした。

「ここからは歩きだー」と、言ってはいるが、速い人は歩きも速い。

畑の中の道は傾斜を増して登っていく。

第2阪奈道路に架かる橋を渡り、登っていくと「追分梅林」の石碑があり、その先にCP8追分本陣跡があった。31,8km、1時05分。

ここから真っ暗な山になる。

「こんなとこ、皆で歩いていても怖いねー」 と言う人も。

わたしも、一人ではとんでもなく心細くなりそう~、と思った。

道は真っ直ぐ延びているが、右に鋭角に曲がる分岐があった。

・・・つづく

« 練習会 | Main | つづき・・夏の夜走り »

February 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

jognote

無料ブログはココログ