Recent Comments

Recent Trackbacks

« 発表会 | Main | 練習会 »

07/08/2006

外院尾根・いろんな道

7月6日

曇りのち雨

しばらく山に入ってないから行って見たいなーと思っていたのに、なにやら空の様子が定まらない。

雨が降りそうだけど、もちそうだし。

用事を片付けて、さあ出ようと思ったら、ポツポツ降ってきた。

箕面のお風呂屋さんの駐車場に車を停めて、しばらく様子を見ていたら、ますます降ってきたので、これ以上降ったら出かけられなくなると思って車から飛び出した。

夏なので、上着だけ超軽量、通気性のあるのを上に羽織って、GPSはウェストポーチのベルトに着けて。

しばらく行くと、ほとんど感じないくらいに小降りになった。

途中のコンビニで水を調達して外院尾根の登り口からはいった。

ちょっと入ったら、深呼吸して、気が済んだら下りてこようと思っていた。

池には亀が泳いでいた。

道は思ったくらいの濡れ具合。

へたすると、泥んこだらけ、または、岩や濡れ落ち葉で滑ってすってんころりんとなる感じ。

日没までまだまだだけど、空が暗い分、夕暮れのような暗さだった。

お花が少ないけれど、きのこはでっかいのや赤いの、丸っこいのといろんな種類のがいっぱいあって楽しかった。

どこまで行くとか計画してないし、暗くなるまで遊んじゃお!

いつも気になってる道、道なのかただの踏み跡なのか?わからなかったところに入って探検してみる。

ずーっと行けそうな所もあったけれど、足元が滑るので深く入らないことにして、引き返してはまた違う踏み跡に入って行く。

外院尾根のいつも通過する道は山肌を巻いている道。

山の尾根を行ったら・・・?と思って上に行く踏み後に入ると、赤ペンキで所々印があった。 誰が何のために付けたのかな?

上に上に行くとすぐにそのピークについて、尾根を踏み跡の上を進んだ。 あたごの森のほうへ行くのかな?と思っていたら、はっきりした道の分岐があったり、丸太のベンチがあったり。

でも、あたごの森への道の様子ではないし、と思っていると、いつもの道の途中に出た。

いつもと違う方向から行くと、全然違う道のように見えた。

山で道迷い遭難とか、こういうことも原因の一つなんだろうなと思った。

あたごの森の方からウツギ谷の入り口へおりようと思ったら、分岐で違う方へ行ったみたい。

ここも、あたごの森への道ではないことはしばらくしたらすぐに気が付いたけれど、ちゃんとした道だったので行ってみた。

丁石があったので旧参道だとわかった。

旧参道と古参道、どっちがどっちかよく知らないけれど、1番目の展望所に分岐があって外院尾根道に出る。

以前通った時は狭い水の流れた跡みたいな道だったけれど、誰かが綺麗にならして歩きやすい道になっていた。

アスファルトの道を走ると、急に足が重たく感じた。

お風呂屋さんで汗を流して・・・、足もけっこう泥んこになっていた。

ちょっと山で森林浴したら出てこようと思っていただけなのに、まるで放たれたワンコみたいに遊んでしまった。

« 発表会 | Main | 練習会 »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ