Recent Comments

Recent Trackbacks

« 夜叉が池伝説マラニック・1日目 | Main | 夜叉が池・二日目後半 »

07/27/2006

夜叉が池伝説マラニック・二日目

7月23日 曇り

坂内の夜はじっと寝てると寒いくらい、夏用のシュラフをすっぽり被って眠った。

ごそごそ起きて2時半頃、おにぎりとバナナで朝食。

前日は下痢で大変だったから、正露丸とビオフェルミン止シャ薬を飲む。 ウェストポーチは汗臭く濡れているので、参加賞でいただいた夜叉が池のウェストポーチに代えて、乾いたソックスの代えを入れておく。

外に出ると点呼が始まっていた。

3時半、ヘッドランプをつけてスタートする。

ペースの合う人を見つけて、ぴったりついて行く。 抜いてしまえばまた次のパートナー(勝手に)を見つけてついて行く。

ずーっとコースは上り坂。 なだらかで走りやすい傾斜だと感じるけれど、それは1日の最初でまだ元気だからだろうと思う。

少々きつい所もあるけれど、わたしのスピードではゆっくりでも走っていないと関門が厳しくなる。

空が明るくなってきたのはバイクランドの手前辺りだったかな。

坂内交流センターは標高250m、バイクランドは496m、その間約11km。

0513baikurando_1 道は川に沿って少しずつ高度を上げていく。

林道はほとんど舗装されていて走りやすく、スタッフの車しか通らない。

所々湧き水が溢れて道に流れているのでそこはそろそろと進む。

林道終点、夜叉が池への登山口まであと7kmの看板を見ると、ゆっくりだけどちゃんと進んでいるんだなぁ~、と実感する。

この大会では1kmがやたらと長く感じる。

同じようなカーブと平たんな道、ちょっと登ってはまた平たんになるというのを繰り返し、やっと、あと2km。

いくつか曲がると石の鳥居が見えた。

鳥居の向こうが関門、7時10分までにここを通過しないと夜叉が池には登れない。

預けておいた靴に履き替えいざ、この大会のメインポイントへ。

ここから約3km山道を登って、標高1105mの夜叉が池に行き、引き返してくる。

« 夜叉が池伝説マラニック・1日目 | Main | 夜叉が池・二日目後半 »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ