Recent Comments

Recent Trackbacks

« December 2006 | Main | March 2007 »

January 2007

01/27/2007

東六甲縦走路

1月26日(金)晴れ・暖かい

今日はいきなり呼び戻されないように・・・と願いつつ、10時少し前、宝塚から山に入る。

春のような暖かさ、甲南大学辺りの空き地で上に着てきたものを脱いでリュックに詰める。

暖かいからペットボトル2本用意したけれど、ぎりぎりかも?

さすがに平日はハイカーがほとんど居なく、地元の散歩の人ばかりに出会う。 高齢の人が多いけれど、こんな急勾配をいつも歩いている人なんだなぁ~と感心してしまう。

わたしもゆっくり山道を楽しむ。

アップダウンを繰り返しながら西へ西へ。

今年は暖かいから道には雪が無くて冬じゃないみたい、陰の辺りにはわずかに霜柱が残っているくらい。

紅葉谷の滝は今年も凍るんだろうか???

最高峰まで、ハイカーのグループ二組と単独の人二人に出会っただけ、静かな山です。

車道も車がたまに通るくらいで、ほんとに今日は静か。

1222saikouhou 一軒茶屋、最高峰辺りはお昼御飯休憩のグループが数組。

景色は白くモヤっていてすっきり見えなく残念。

お天気は良くて暖かい、天気予報では下り坂で夕方雨が降るとか言ってたからちょっと気になるけど、なかなか崩れそうにも無く、ゆっくり楽しめそう。

縦走路は山の北側をまわったり、南側だったり、北側はいきなりヒヤッと冷たく、霜柱が足の下でザクザク言っている。

1310 ガーデンパレスの駐車場にはけっこう車が停まっていたけれど、人はかなり少なく、こちらもゆっくり辺りを見ながら進む。

皿投げのテラス、イングリッシュガーデン、レストランや雑貨屋さんなど・・・縦走じゃなくてこの辺りの観光を楽しみに来るって言うのもいいなぁと思った。

1325tourokuann登六庵・・今日はちょっとのんびりだから、寄ってみることに。

中はいろんなものが天井から壁から床にもテーブルにも、いっぱい飾られていてなんとも不思議な空間。

古い写真には禿山だった頃の六甲が写っていて、緑豊かになった今とは全然違う。

お客は私一人だったのでドライカレーを注文。

出てきたのを見てびっくり! 二人分くらいありそう。

ピリッと辛くて、チーズが乗っかっていて、きゅうりのお漬物がたくさん添えられていて、味は普通だけど雰囲気を楽しんでしばらくランチタイム。

約30分くらい休憩してしまったので、汗が冷えて寒い。

お腹がいっぱいだったけど、寒いので頑張って走る。

1432agoni アゴニー坂からオテルド摩耶、摩耶山から天狗道を下る。

天狗道途中から地獄谷道に入る。

Jigokudani2 なだらかで快適な道かと思ったら、岩だらけでどこが道か解らないところもあったり、足を滑らせるとかなり危険な所もあったり・・・

箕面の山道に似て走りやすい場所と、危険な所が交互にあらわれる。

ルートファインディングしながら行かないと迷いやすい場所が何箇所もあった。 しばらく行って、「自然を大切に」のポールがあったらルートだとわかる。

谷道なので、天狗道や稲妻坂のような尾根道とは違った趣がある。

登りのほうが通りやすいかも。

何回か渡渉をくりかえし、いくつも大きな堰堤を過ぎて市ケ原に着いた。(15時40分)

日が長くなってるし、もうちょっと行ってみよう。

今日は登りはほとんど速足歩き。

大龍寺から鍋蓋山の途中で地図を確かめた。 鍋蓋山から七三峠を通って祥福寺に下りる道を通ろうと思ったら・・・急・注意の文字が・・・初めての道でこんな表示があると、ちょっとヤバいかな。

ゆっくり時間があるわけじゃないし、やーめた!

引き返して再度谷から諏訪山の道を選んだ、ここも初めてだけれど大龍寺の参道らしく広くてトイレとかもある。

諏訪山の巻道では野球少年と出会った。 キャップをとって丁寧に挨拶してくれたので照れてしまった。

1655binasu ビーナスブリッジを通って下りた。

16553

三宮のお風呂屋さんに向かう途中、雨が降ってきたのでお風呂は止めてそのまま帰宅。

汗で濡れていたけれど、いっぱい着込んだら大丈夫だった。

最高峰辺りではもしかしたら軽アイゼンが要るかも?、と思っていたけれど全然雪が無かった。 

ツェルトやいろいろ・・・冬は走りやすいけれど荷物が重ーい!!!

その分、体重を軽くすれば良いんだけど。

01/24/2007

ミッドナイト

1月23日・・・24日

夜中だったけどちょっと外に出てみた。

暖冬、ちっとも寒くなかった。 家から2kmくらい行った公園には犬の像が歩道に置かれている。

Dog20070123jpg それほど明るくないから、うっかりするとぶつかって怪我でもしそう。

猫も丸まっている。 

帰り道、ジョギングの男の子とすれ違った。

遅い時刻でもウォーキングや犬の散歩など・・・この辺りけっこう賑やかなんだけど、さすがに冬のミッドナイトは人が少ない。

01/23/2007

1月21日

久しぶりに箕面の山にも行ってみたい。

でも、時間が無い。

あきらめていつものコースでええやん! と出かけたけれど、勝手に足はどんどんコースを越えて行く。

時間無いよぉ~、引きかえさな~。 と、心の声に足は逆らう。

勝尾寺丁石のある池まで行って、深呼吸したら少しだけ山の空気に触れた。

帰ろうとした時、リュックを背負って走ってくる女のひととすれちがった。 引き込まれて一緒に登って行きたいのを我慢して帰ってきた。

午後は森友梨さんのコンサートを聞いた。

1月18日・宝塚

たまたま平日に時間ができたので、リュックを用意して電車に乗った。

宝塚から六甲縦走路を行けるとこまで・・・というつもりで。

お天気もいいし最高!と思って、いざ出陣!っていうまさにその時、急用が・あぁ~・・・。

携帯電話の成せる業かぁ。

また次の機会にお預けとなりました。(・へ・)

西六甲縦走路・・つづき

投稿の続きをしようと思ったら、「ココログ」のメンテナンスに阻まれ、ずるずると一週間もたってしまいました。

1030yokooyama 土曜日だったので地元の散歩の人やハイキングの人、お掃除しながらのクリーンハイクの集団とか、縦走路はとても賑やか。

栂尾山の階段では野球部のトレーニング。

103845sumaarupusu 途中で前後しながら進んできた単独行の人、二人いたけど、足が速い!  ロードで追い越してもまた追いつかれる。

結局、高取山の途中で先行されたまま・・・。

1人の方には頂上で休憩している間にまた私が先になったけれど、もう1人は休憩もしなかったみたいで、丸山町に下りるまで姿は見えなかった。 山やさんのスピードってすごいわぁ。

丸山町で迷わないように・・・以前迷ってかなりロスしてやっとヒヨドリ越まで行ったし。

間違った場所はよく覚えているからそこは間違えないけれど、正しい道筋は初めてなので確認しながら進む。

しばらく来ないうちに菊水山駅周辺の工事が終わり、綺麗な遊歩道がついていた。

標高が低いのに菊水山の登りはきつい。

頂上からの眺めは最高だった。 前に来た時は濃霧で何も見えなかった。

また市ケ原で下りないといけないかな~? もうちょっと先まで行きたいな~。 と思うが、まだ日が短いし、よく考えないと・・・。

市ケ原には15時前に着いた。

摩耶山に進んだとしてもすぐに下りないといけないけれど進むことにした。 暖かいお汁粉(缶)とホットの梅ドリンクを補給、持ってきたパンを食べていると、麻耶のほうから下山してくる人達とすれちがう。

稲妻道、天狗道ではすれ違う人は居ても同じように登って行く人はいないみたいだった。

1611tengumiti 摩耶山頂近くでは雪が残っていた。 一軒茶屋辺りだともっと雪があったんだろうなー。 宝塚から入っていたら、持って来た軽アイゼンもひょっとしたら役に立ったかも?

1625mayasan 掬星台には観光客は誰も居なかった。

すぐに下った。 なんとか明るいうちに降りてこれた。

街の案内板見たら王子公園駅までいく途中にお風呂屋さん発見。

インターネットで調べて、この辺りにもお風呂屋さんがあるはずだということはわかっていたけれど、見つけられなかったので、今回の一番の発見かな。

清潔な感じのお風呂屋さんだった。

やっぱり、運動の後のお風呂って最高!

01/16/2007

西六甲縦走路

1月13日(土) 晴れ 気温は普通くらい

JRの駅、新三田行きが来たら宝塚から、明石行きなどだったら須磨から六甲縦走路に入ろうとアバウトな山行き。

9時頃、須磨駅に着く。 海岸に出るとぽかぽかと日差しが暖かい。

野球部の少年たちがランニングをしていた。

ここから住宅地を抜けておらが山に登って旗振山と鍋蓋山をパスしていこうか・・とも思ったけど、こんな時刻からだと宝塚まで行けないし、適当にいける辺りまでということで、須磨浦公園から登ることにして出発。

明石海峡大橋や淡路島が綺麗に見渡せた。

縦走路は小さなピークを越すように付けられているけれど、巻道があって、そこを通る人が多いみたい。 

西縦走路は一つ一つの山は標高も低いけれど、登っては下る繰り返しでけっこう疲れる。

しばらく山に来ていないと足がなまってしまって、きついきつい!!!

西縦走路に来るのはかなり久しぶりだけれど・・・

01/11/2007

熊野古道の本

1月11日

昨日、本屋に寄ったら「熊野古道を歩く」という本の改訂版が出ていたので買ってきた。

熊野古道に関わるいろんな記事が書かれているし、道筋の案内だけじゃなく高低図も載せられているのでとても良く参考になると思う。

今年は小辺路や紀州街道なども行って見たいなー、と思う・・・けどねっ。

01/01/2007

新年

おめでとうございます。

年末は家族で紀伊勝浦へ行きました。

Kumanokodou 青岸渡寺から少しだけ熊野古道の石畳を娘や姪たちと歩きました。

太地の鯨館、約20年ぶり。

実物の鯨の骨などの展示が面白かったし、ぽかぽか暖かい日差しの中、のんびり過ごせて良かったです。

Kujira 今年も家族がみんな健康でいてくれて、今年もあちこちの綺麗なところを走りに行けると良いなぁ。

« December 2006 | Main | March 2007 »

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ