Recent Comments

Recent Trackbacks

« 萩往還道・宗頭から萩へ | Main | 萩往還。。雑記。。。 »

05/13/2007

萩往還・瑠璃光寺まで

料金所を過ぎて山道にかかるとウォーキングの人たちが道を譲ってくれる。
大勢の人にすれ違いざま、応援をいただきそれに答えながら進む。
Aゼッケンの人が引き返してきた。
それほど故障したふうでもなかったので「どうされたんですか~?」とたずねると、「もう間に合わないから」と、リタイアを決められた様子だった。 他人の状態までは分からないけれど、残念な気がした。
明木市には何時に着いたかはっきり覚えていない、越田さんが「40分までには・・・」と言われていたのでその辺りだろうと思う。
明木市は観光客が多数来られていて賑やかだった。
140km参加の時は、夜明け頃、静かな集落と思って通過し、復路では人がいっぱいで賑やかでびっくりしたのを思い出す。
エイドでは何杯かお茶をいただいた。
ほとんど休まず先へ進む。
ここから一升谷を登っていく。 道幅が広くなだらかな坂道が約3,5km続く。 緑が美しく右に渓流を見ながらの美しい道、だらだらと坂道が続くが、ずーっと歩いたのできつくは無かった。
国道に出て、歩道の無い車道を走り釿ノ切峠頂上を越し、また土の道にはいる。 往還道は何度か古道と国道を繰り返し通る。 
佐々並市が見えた。
15時20分に佐々並に着ければ、完踏できるかなと言われていたのに、佐々並到着が15時30分だった。
自動販売機で甘いコーヒーか何か買おうとしたけれど、1分だって惜しい気がしてやめた。 それより、料金所でも、明木市でも我慢してきたトイレに行く。もう、限界~!!
すぐに済ませて・・・と思ったが、なかなかトイレを出られない、下痢なんて!こんな時に!薬ぜんぜん効きませんやん。。
お尻も痛、イタ~。 これには傷薬キシロAが強い味方だった。
佐々並市を出たのが15時38分。
去年はここで16時半まわっていたからリタイアしてしまったけど、「行けるとこまで、スタッフに止めなさいと言われるまで行けばよかった」と後悔した。
今年は何とか佐々並市を越えた。
ここから、まさかまさかの睡魔にいきなり捕り付かれてしまうなんて。
国道をだらだらと登っていく。
日が差しているが暑くも無く、今年はお天気に恵まれた。
こんな絶好調の天候の時に完踏できなかったらあかんよね!て思いながら坦々と越田さんの背中を追いかける。
右折し、首切れ地蔵前を通り県道に入る。
ここから夏木原キャンプ場までの間の3kmくらい眠ってしまう。 おまけに夢まで見ていた。
その夢によると、一生懸命何かをやっているんだけれど成果が残っていかない、このまま同じことをやっていてはいけないんじゃないか?やり方を変えないと・・・と言う感じ。
今自分がゴールに向かって走っていることなんてポーンと忘れてしまったかのような夢だったので、はっと目が覚めても自分が何をやっているのか忘れた状態で、寝とぼけていた。
「あ、そうだ越田さんにこれでいいのかなぁ?って聞いてみよう~」と、まだ寝ぼけている。
越田さんの姿が見えない!
背中に強い気配を感じて振り返ると10mほど後ろから「振り返ってる間があったら走れ~!」と無言の指示が飛んできた。
そこでやっと我に帰った。
そーだっ!!!
ゴールまで走ってるんだった。
ほんとに、頭がぼけぼけだった。
確か、板堂峠登り口辺りで17時に関門とか言ってたっけ、やばっ! 16時47分、走れば間に合う~、あのカーブの向こうが板堂峠上り口の階段が・・・あれっ?無い。
まだまだ先~?
17時ちょっと過ぎたけど、そこに立ってる警備の人、関門って感じじゃなかった。
ちょっと息を整えて階段を上り、まもなく板堂峠を越す。
県道を跨ぎ、旧道に入りと繰り返し、急ぐ急ぐ。
いつもは下りにブレーキがかかり慎重にしか下らない、膝のお皿をひびいかせたり、剥離骨折したり、いろいろ下りでの転倒・怪我を経験しているので、のろくても怪我するよりはましだ、と思って下りなのにのろい私だった。
しかし、この日は違った、思いっきり走って下った。
このためにシューズも新調したんだし、アウトソールはしっかり往還道をグリップし安全に走れた。
それにしても急な傾斜、つまづいたら2,3回転しないと止まらない感じ。
足は結構元気だったけれど、気分は悪く、走りながらオエッとくる。 
天花畑に近づいたとき、やさしいオカリナの音色が迎えてくれた。 なんて優しい応援なんだろう・・と気持ちが透き通っていくようだった。
天花畑、車道に出たのが17時36分。
もう間に合わない。
そう思った瞬間、わたしの2007年萩往還道は終わった。
越田さんは写真撮るために待っていてくれて、すぐに信じられないスピードで行ってしまった。
「終わった」、そう思ったら急にまた睡魔が襲ってきた。
往還道の石柱の袂で熟睡してしまった。
また夢を見た。目が覚めた時、またまた寝ぼけていて、ゴールまで帰ることも忘れてしまっていた。
ハッと気付いてとことことくだり、ゼッケンを外して瑠璃光寺の本部に「一応帰還の報告です」と言ったら、そこに居た越田さんたちが拍手して迎えてくれた。
せっかくだからって写真も撮ってくれた。
そうだったんだ、時間過ぎたって、リタイアじゃないんだからちゃんとゴール目指せばよかったんだな~、両手を挙げてゴールラインまで走ればよかったんだなぁとその時気がついた。

素晴らしい48時間の走り旅をありがとう。
登ったり下ったり、山や海、街の中、たっぷり楽しみました。
次は、完踏証もらえるように走りたい。
スポーツなんてスキー以外縁がなかったわたしが250kmの大会に出たなんていうと旧友たちはびっくりするだろうな~。

« 萩往還道・宗頭から萩へ | Main | 萩往還。。雑記。。。 »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ