Recent Comments

Recent Trackbacks

« June 2007 | Main | August 2007 »

July 2007

07/19/2007

7月15日~16日

夏の夜走り・六地蔵めぐりに行ってきました。

7月15日

台風で順延になったのでお天気は上々。

地下鉄烏丸御池駅で下りて上に上がると、そこは祇園祭で歩行者天国となりかなりの賑わいだった。

駅を上がるとすぐに集合場所かと思って、ランナーらしき人を探すが、人も多く見つからない。 しばらくウロウロして、外に出店していたスターバックスの人に聞いてやっと集合場所にたどり着いた。

順延になってしまったからか、昨年より参加者が少ないようだったけれど、30人くらい集まっていた。

公表しない走り会なので、初参加は2名ほど。

集合写真を撮ってもらって20時スタート。

祇園祭の中を進むことになるので人を避けたり、ぞろぞろ歩きに生ったり、なかなか進まないので写真撮ったり、絵やタペストリーなど見たりしながら行く。

人が途切れた辺りからようやくマラニックらしくなって人気の無い街を南へ、本願寺からJRをくぐり、ライトアップの美しい東寺、やっと羅生門跡に着いたのが20時54分

地図で自分の位置とコースを確かめながら東高野街道をどんどん南へ進む。

21時17分、一つ目の地蔵さん、「鳥羽地蔵」に着く。

鴨川を渡り城南宮の中を通り抜ける。

城南宮に入ったところに、夜走りの大ファンメンバーがスイカエイドを用意してくれていて、すっごく感激。

そのスイカの美味しいこと・・・。

その人が言うには、私たちがトップだとか・・・?

エイドを用意する前に何人か通過してしまったのかもしれないし、祇園祭を見物しながらのんびりやってくるのか???

竹田街道に入り、しばらく南下する。

後ろから呼び止められたのに気付かず、寺田屋への曲がり角を通り過ぎてしまい、約800mくらい余計に走ってしまった。

夜道は自分の走った距離と地図の関係がつかみにくく、ある所では長く感じたり、あっという間に過ぎたりする。

といって、歩きではないからずーっと地図を睨んで進むわけにもいかず、四つ辻・四つ当りも通り越して戻ったり。

地図にはチェックポイントや、穴埋め言葉などゲーム感覚のものがもりこまれているので、ただおよその目的地にさえ着けば良いというわけではなく、とても面白い。

伏見地蔵に向かって宇治街道を東に進む。

途中のコンビにではもう何本めかのビールでガソリン補給している人達もいる。

伏見地蔵、22時52分着。

六地蔵駅の横を通り奈良街道を真っ直ぐ進む、方向は北東。

途中で旧道に入り、新しい道と交差しながら行く、旧道に入ってから方向は北に向く。

街の中を警察がパトロールしていて、職務質問とかされるかなぁ?と思っていたけれど、それは無かった。

怪しいけれど、地図持ってライトまで点けて走っているだけなので、ヘンな奴等と思われただけだったのかな。

名神高速をくぐる。

国道の地下道をくぐる。 二つめの地下道を出た所で、間違えた。

くぐって少し国道を北に行ってから斜めの道を北東に入らないといけないのに、地下道を出てすぐに横丁に入ってしまった。

暗い中で地図を見ると1~2ミリの違いを見落としてしまっていた。

しかし、道は国道に対して直角だったので、少し気になったのだけれど、数人の集団でサーッと行ってしまったので「あれぇ?」と思いながらもついて行ってしまった・・・きっとその中の皆はそれぞれ同じ思いだったんじゃないかなぁ?と思う。

ちょうどここはインターチェンジの場所なので、大きな高架をくぐっても、どこの高架なのか?正確には下からはわからず、進んで行って、山の位置や道の感じなどから、「間違ってるね~」と悟り、たまたま外に出てきた住人に尋ねたり、道を行く単車の青年に聞いたりして、正しい道に入れた。

道を探しながら進んでいる時、またまた違う方向からえっちゃんと男性ランナー、そしてルンルンさんまで合流。 みんなきっと地下道を出た所で間違ったんだろうなと思う。

奈良街道・大宅一里塚に23時46分で、その道迷いで、東海道・追分道標までたったの3km(正しく行けば)に着くのに55分もかかってしまった。 

陸橋を渡り、道は真っ直ぐ西に、徳林庵・山科地蔵に0時54分着。

07/15/2007

台風で中止がたくさん、というわけではないけれど

舞州24時間リレーやいろんなイベントを楽しみにしていた人達、私が知っているだけでも大勢居ますね。

9月にこんな大会あるんですよ。

競争ではないリレー、個人出場も有りとか聞いています。

先月、NAMIさん主催の24時間練習会の会場として使った、芦屋総合公園で開催されます。

(以下はFRUNに載せてくれた記事の転載です)

*   *   *   *   *   

<概要>
◎名称/「JCS リレー・フォー・ライフ・ジャパン 2007 in 芦屋」
       「キャンドルナイトランニング」(夜間12時間のリレー)
◎日時/9月15日(土)13:00~16日(日)13:00
◎場所/兵庫県・芦屋市総合公園
◎参加形態/キャンドルルミナリエ 18:00~
         キャンドルラン 21:00~9:00
◎参加費/1人4,000円(RFL参加費3,000円+キャンドルランエントリー費1,000円) 1チーム4-16人、または個人走
     その他、走行距離に応じたがん患者支援チャリティーにもご協力ください。

◎申込期間/7月1日~8月24日
◎申込方法/インターネット,ファックス,郵送のいずれか。
 パンフレットや申込書をダウンロードできない方は、
 80円切手を貼った返信用封筒を同封の上、資料を取り寄せください。
◎申込(問合せ)先/リレー・フォー・ライフ関西実行委員会
 〒553-0006 大阪市福島区吉野4-29-20 大阪NPOプラザ気付
 Tel :          090-7265-1708       (10時~17時)
 E-mail : secretariat@rfl-jp.net
 URL : http://rfl-jp.net/hp/ashiya/2007/

携帯・・真っ黒・・

7月14日

友人にメール送ろうとしたら圏外だったので自動送信にして、ふたを閉じて、またすぐに開くと、画面が真っ暗で電源ボタン押しても、うーともすーとも反応なし・・・。

げっ!!

集合時刻変更お願いのメールだったから、あせった!

あーだこーだやってもダメ。

充電したてだから、電気が無くなった訳じゃなし。

故障だ!

朝、ブログに載せようかな~と、栽培中のプチトマトを撮った時に、雨水でも入っちゃったんかな~、きっとそうだ!

でも、私にはもう一台携帯がある。

FOMAに切り替えたとき、MOVAを止めないでとって置いたから、いざというとき切り替えて使える・・・よかった・・・もうそろそろ、田舎でもFOMAが良く入るし、MOVA止めにしようかと思っていたところ。

止めにしなくて良かった~。

さっそく充電して、切り替え信号送って、連絡取れました。

しかし、メーカーの違うのを使っているので、メールとか入力のボタンが微妙に違う。 あせるとよけいに違うボタン押してしまっていたり、

たった数行に神経と時間を使ってしまった。

なぜ2台生かしておくかと言うと、萩往還など、2DAYSマラニックなどで途中で充電できない時に、2台フル充電で持っておくと良いかなって思うから。 

プチトマトは次々と赤く甘くなって楽しみです。

07/13/2007

スカイプ・・

次女がメールで「お母さん、スカイプしよう!」とせっつくので、取り付けて、登録してみた。
音声の調子が良くなかったので、設定や調整は手動で。
娘のスカイプを検索。
なんと、同じような名前が他の国にもたくさんいてびっくり。

これだ!!
と思うのに行き当たった。
娘のメールアドレスで検索したら一発だけど、それも面白くなかったので、いろいろやって検索すると楽しかった。

わたしが次女を呼ぶ時に良く使う愛称がつけられていた。

何度かコンタクトを試みたが、寝坊していたみたいでオンラインになっていなかったが、明け方、もう一度と思い、試すとつながった。
普通の電話より、いろんな音を拾って、直ぐ横にでもいるみたいだった。

07/11/2007

箕面・外院~しらみ地蔵~ウツギ池

7月8日
朝、8時過ぎ、山に行ってみたいけれど充分時間が無く、チャリで麓辺りまで行くことにした。
R171を過ぎてコンビニで携帯食と飲み物を買い、さりげなーく、チャリを置き去りにして山に向かう。
山すその児童公園の駐輪場にも赤いバイクが置いてあった。

勝尾寺参道の外院から入る。
田畑の手入れに来ていたおじいさんと挨拶したら、「よう頑張るねぇ・・ちっこいのに」と言われてしまったけど、そのおじいさんも私とさほど違わない身長だった。

Photo 休日の外院尾根はハイキングの人や、日常の散歩の人などに出会う。
しばらくぶりで来てみたら、新しい丸太橋が水辺に架けられてあった。
                                  

Yamamomo 道筋にはヤマモモがたくさん生っているみたいだが、木が高くて見えない。 道に落ちている実で綺麗なのを選んで、お茶で洗って食べてみたら、甘酸っぱくて美味しかった。
一瞬だけ、お猿になってみたかった。

Kinoko_1 キノコがニョキニョキ出ている。                

                                   

Kinoko2                            

                                    

春、たくさん花をつけていたナガバモミジイチゴはわずかに赤い実が残っていた。

七丁石から、しらみ地蔵の方へ行き、しらみ地蔵の分岐から豊能自然歩道の方へ。
濡れた岩が滑りやすいので注意深く下る。
Utugitani ウツギ谷に出たけれど、そのまま下るのも面白くないし、ウツギ池に登り返して池の横を通って、再び外院尾根に出てから山を下ることにした。

                                                 

                                  

Utugiike この辺りも、私が山走を始めた頃は走っていると珍しがられたけれど、走る人が増えたのか?この日は二人、山を走る人に出会った。
道もずいぶん均されて、走りやすくなった。

10時9分、チャリを置いたコンビニに辿りつき、急いでかえる。 帰りはほとんど下りだけれど、30分かかった。
往復で70分くらい、チャリに乗ったからそこそこ運動になった。 山ではちょうど1時間くらい遊べた。
ちょっと時間が押していてせわしなかったけど、思い切って山に行って良かった。 気分もスッキリ!

07/05/2007

久しぶりの箕面

6月30日(土)
FRUNのイベントで久しぶりに箕面の山に行った。
途中から合流するつもりで、皆は箕面駅から出発したけれど、私は北千里から谷山谷に入り、才が原林道を登り、政の茶屋で水分を補給してダム湖から7号路に、みんなの逆走していけばきっと会えるはずと思っていた。
谷山谷ではバードウォッチングの人達がカメラを据えていたので鳥の話を伺ったりした。

こもれびの森からババ谷を下り、私が政の茶屋に着いた時には予定時刻から皆はダム湖畔くらいかな?と思われた。
ダム湖畔をみんなの後を追いかけるより、逆走してエキスポ90記念の森に向かう方が確かだなと思ったので、自然研究路7号を登る。
昨日の雨で渓流は少し水かさが増していて、渡渉するのに注意を要する。 ブラインドランナーのメグちゃんやサケモットさんは濡れてしまうかなぁ?と思った。

記念の森は家族連れの声が聞こえるくらいでとても静かだった。まだ、みんな着いていないみたい。
芝生広場の北からこの公園に入ることになっているから、行ってみると、2匹のワンコ連れのご夫婦が居たので、聞いてみたらやはりまだ皆は来ていない様だった。
しばらくワンコと遊んだりうろうろしていたけれど、待ちきれず、6号路の山道を下って皆を迎えに行くことにした。
しかし、この山道もかなり静か・・・?
結局高山線の道路まで下りきってしまい、清水谷と6号路のあいだを行ったり来たりしたり、6号路の入り口でしばらく待つが、ひょっとしたらコースを変えたかもしれないと思い、先に清水谷に入り、おにぎりを食べたり、水辺で遊んだりしてみた。
清水谷は伐採工事で入り口付近はかなり削られ、木のチップが広く敷かれ、ここしかなかったカリガネソウなどの草花は跡形もなくなってしまった。
伐採も必要かもしれないけれど、自然破壊にはがっかりする。

皆が谷に入ってくる気配も無かったけれど、時々、下のほうに向かって大声で呼びかけたりした。

東海自然歩道まで登り、開成皇子の墓所横の杣道を通り、自然研究路4号から政の茶屋園地に。
政の茶屋園地にはオカトラノオやヤマホタルブクロが咲いていた。
才が原林道を登って風呂が谷を下り滝道から駅に着いた。
16時には石橋に着きたいということだったから、もうすぐにでも皆は駅に現れるだろうと思ったが、携帯は通じない。
滝道も、途中から通じなくなるから、まだそこまでも来ていないんだなぁと、気長に待つが、先頭が着いたのはそれから40分くらい経ってからだった。
結局、コース上では合流できなかったけれど、みんなとお風呂に行き、石橋駅前のお好み焼き屋でOFF会。
アメリカから一時帰国のともちゃんや、安威川駅伝主催者のYさんを囲んで楽しいひと時だった。

**ダム湖畔には、西側にも清水谷入り口にも、お猿がたくさん居て、喧嘩したりしていたし、威嚇してくるのも居たので、そろそろと注意しながら行った。

« June 2007 | Main | August 2007 »

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ