Recent Comments

Recent Trackbacks

« 夜叉が池マラニック一日目続き | Main | 8月2~3日NAMIさん24時間練習会 »

08/12/2008

夜叉が池マラニック・・ゴール

7月27日
0時2分前、辺りが騒がしく感じて、あんなに眠かったのに目が覚めて、「もう2時過ぎかな? 」と思ったら、誰かごそごそ喋ったり、ドアをパタパタ、そぉ~っとしようと言う配慮何もなしで開け閉めしていたのです。
毎年、夜中から寒いくらいなのに、ホールの中は少し蒸し暑く、なかなか寝付けないままウトウトするくらいで2時になりました。

どうせもう眠れないから、少し早めに起きて準備し、学校のグラウンドで点呼を受けます。

今年はなかなか調子が出ないので、最後尾くらいで行こうと思い、ヘッドライトを着けました。
3時30分スタート。

ヘッドライト着けていて良かったです。
何となく今年は暗いようです。
2車線の道路、暗くて勾配がわかりにくいし、走り始めで元気なのでゆっくりだけれど走って登っていきます。

一つ目のエイドの川上集会所、いつもはもう少し早く着いていたので真っ暗だったけれど、今年はゆっくり行ったので、少し明るくなりかかっていたように思います。

集落のはずれ、川を渡ったところは道路が広く綺麗に仕上がっています。
自販機もあったので、コーヒーを飲みました。(今年は夜叉が池のコース上に自販機が増えているように感じました)

アップダウンを繰り返しながら少しずつ高度を上げていきます。
左に川を見ながら細くなったり広くなったりの道路を進んでいきます。
バイクランドまでは平坦な道が続きます。

川原が広くなるともうすぐバイクランドです。
道からは見えないけれど、バイク(モーターバイク)のコースとかあるのかなぁ?
バイクランドでは美味しいトマトやオレンジ、巻き寿司をいただきました。 ここでスイカ頂いたのは朝だったかなぁ。

いっぱい食べて先へ行きます。
池の横を通ります。
いつも、山を登って、帰り道でこの池を見ると、もうすぐバイクランドだなぁって思います。 下りばかりで吐き気でオエオエッって感じの時もあったし・・、お腹壊して、早くトイレに行かなくちゃ~、って言うときもありました。
今年は元気に帰ってきて、またいっぱいお食事したい!

調子がイマイチなので、力尽きないように、さらにゆっくり、でも、なるべく歩かないように進みます。
私に合う漢方薬がみつかったので、お腹の調子はまずまずです。
あとは、食欲無くても、ちゃんとエイドで食べること。
吐き気はこれで大丈夫です。 下痢も大丈夫です。

林道に入るところに「登り口まであと7km」の立て看板があります。
関門は7時10分、夜叉龍神社鳥居のエイドでシューズを履き替えて少し登って、いよいよ山道、と言うところが関門です。
ぎりぎりだと、山道や夜叉壁の登りで渋滞が無く行けるけれど、後がしんどくなります。
なるべく少しでも早く鳥居のエイドに着きたいと思って進みます。

道は均され、舗装され、年々走りやすくなっています。

鳥居まであと2km、ここから鳥居までは勾配が急になります。
無理せず歩きます。
トップとすれ違ったのはこの辺りだったと思います。
なかなかトップとすれ違わなかったので、「おかしいなぁ?」と思っていたので安心しました。
次々と下りを勢い良く飛ばしてくるランナーとすれ違います。

鳥居の通過はいつもより10分遅れです。

やばいやばい!!
さっさとシューズを履き替え、トイレに行きます。
エイドではあまり食べたくなかったけれど、いろいろ頂きました。
食べはじめると、食欲が出てきてたくさん食べられます。

ずーっと先に到着している人たちが「もうここで止めにする」と言ってイスの主になっています。
「ここまで来たんだから、夜叉が池だけでも行って来よう、下りてきてから止めたら?」と誘ったけれど、調子が良くないらしかったです。
他にも、ここでリタイアされるランナーが何人もいたようです。
一日目があまりに暑くて参ってしまったんでしょうね。

登山道に入ると、もう渋滞も無く、すいすい進めます。
数回、小川を渡りますが、今年は足を濡らすことなく通過できました。
登りはきついけれど、少し登っては下るので、登りっぱなしではなく、そんなに息が上がるほどでも無く行けます。
今年はほとんど歩いて登りました。

どんどん皆下ってきて、応援してくれます。

晴れているので、木々の間から夜叉壁が見えました。
ランナーが次々と登っていくのが小さく見えます。

ピンクの花や、白い花、ツリフネソウ、オカトラノオ、いろんな花が咲いています。

途中、2ヶ所に湧き水があり、冷たくて美味しいです。
ペットボトルにも入れました。顔にもかけました。

夜叉壁の近くでRyujiさんとすれ違いました。

今年の夜叉壁はそんなに濡れていなくて登りやすかったです。
下ってくる人が続いているからと、ずーっと待ちのかまえの人が前をふさいでいたので、ちょっとイライラしました。
下る人も、その人が全然動こうとしないので、とぎれなく下って来ようとします。
痺れを切らして、声をかけたので、やっと登れました。

先週、白馬の縦走で岩場を登ったので、夜叉壁はあっという間に感じました。
池は晴れて隅々まではっきり見えます。
モリアオガエルの卵が木の枝にたくさん見えました。
枝で孵化して、おたまじゃくしが、池にダイビングするようになっているんですね。
箕面の山にもいつも産み付けられる所がありますが、今年は、その木が折れていたのでどうするんだろうな・・と思いました。

いつもより、15分くらい遅い到着です。

写真を撮ってもらって、さっさと下山です。
ハイキングの人が次々登って来ます。 道を譲ってくれて、応援してくれました。

鳥居のエイドでまたシューズを替えて、胃が下りで揺れて気持ち悪くならないようにお寿司やバナナ、いろいろ食べて下ります。

登ってきた時より、下る時の方が勾配をきつく感じます。
下りだからと言って、トップランナーの人たちみたいに走ると、とんでもないことになりそうな道です。

リタイアした時はもっと早く通過できた鳥居、今年はかなり遅くなってしまいました。でも、お腹の調子が悪くないのでゆっくりだけれど走れています。

タイムは少しの余裕もありません。
進むのみです。

バイクランドで最後の素麺をちょっと前に着いたえっちゃんがゲットしました。
カキ氷を作ってもらえるというので、たっぷり蜜をかけてもらって、みぞれを頂きました。
とっても美味しかったです。

さぁ、急げ急げ、疲れた足でそんなに走れないけれど、歩かず行けば何とかなりそうです。

下りは心臓パクパクにはならないけれど、脚にもお腹にもしんどくてきついです。

今年は内臓の調子が悪くないのでトイレにあまり時間がかからず助かります。
でも、いくら水分をとっても、食べても、どこに消えてしまうのか?と言う感じです。
トンネルは3個だったかなぁ? 4個だったかなぁ??と数えながら下って行くと、道の駅まで4kmの道路標識がありました。
道の駅からは坂内の関門まで目の前だから、あと4km。

最後のトンネルを抜けると民家が見えてきます。
やがて、坂内の何かの施設の緑の屋根も見えてきます、でも、ここからが案外長いんです。

役場が見え、道の駅で○井さんの奥さんが声をかけてくださいましたが、ゆっくり応えている余裕はありません。
よく夢の中で、走っても走っても進まない・・・っていう感じ、まるでそんな走りのように感じます。
何とか時刻に間に合いました。
1分だろうが、1秒だろうが、間に合ったらこっちのもん。

昨年から12時までに坂内のエイドを出発しないとアウトにならなくなったらしい。
エイドではいろんな食べ物が用意され、次々と作って出してくれます。
巻き寿司にマヨネーズ付けてくれたのがすっごく食べやすくて美味しかったのでたくさんいただきました。

お腹がいっぱいになりすぎると、下りでお腹が痛くなりそうなので、そこそこで出発しました。

40kmを約7時間あります。

来た道も、下りばかりとはいえません、アップダウンを繰り返しながら進みます。

藤橋役場のエイドに着く頃、いきなり嵐になりました。
突風や雨、雷。
少年と言っていいくらいの青年が、ここでリタイアすると言う。
こんな雨くらいで気が萎えてしまったらしい。 もったいな~い。

待っていても雨は止みそうにないし、寒くなってくるので、進みました。
雷は続いていたけれど雨は晴れました。
自然のシャワーで涼しく走りやすくなって快適でした。

次のエイドはパラソルが無く、もう最後の方だからって、早々と片付けたんだと思っていました。
実は、突風にパラソルを飛ばされたそうです。

集落を過ぎ、また次の集落を過ぎ。

王冠かぶった王子様達が私設エイドを開いてくれていました。
オフィシャルエイドには無いお菓子類をたくさん用意して迎えてくれました。 風雨は大変だったみたいです。
力いっぱいテントを支えていないと飛ばされそうだったということでした。  
ありがとうございます、とても嬉しかったです。

帰り道も関門があります。
前にベテラン常連の○府さん達と一緒だった時に、どれくらいの感じで行けばゆっくり行っても間に合うか、経験済みだったので、思い出しながら進みました。

揖斐峡大橋手前のエイドでは泡ドリンクもすすめられましたが、ここで飲んでは酔っ払ってしまうのでお断りし、先へ。
後先になりながらも、後ろ組はなんとなく同じようなペースで同じ顔ぶれです。

霞間ヶ渓のエイドは最終関門、15分前くらいに着きました。
○府さんたちと走った時より、数分早く着きました。
これで大丈夫だ・・。
池田温泉の所からは木陰も無い部分だけれど、もう夕方だから暑くないし、広神戸の町ではお祭りが始まっている頃に着くから、お祭りの中を帰れるし・・ばっちり~。

真っ直ぐな道路の向うに見覚えのあるオレンジ色の袖のTシャツがチラチラ見えます。
あれ~?ひょっとして、越○さん???
5,6人の集団を引っ張っているようです。 やっぱり越○さんでした。
その集団を最後に追いつき追い越してゴールしました。
太鼓隊の演奏で迎えられ、やっとゴールしました。

やっぱり、ゴール直後の感想は「お腹空いた~」でした。
完走証をもらって、A田さんの舞鶴お魚エイドに直行。
やっと泡泡ビールと美味しい炭火焼のお魚にありつけました。

後日、○見さんに聞いたこと・・・
最終ランナーは大きな楯をもらったそうです。
あらぁ、惜しかったなぁ、もうちょっとで戴けたのに、お腹空いてたもので、急いでゴールしちゃった。

7月、土日はぜーんぶ出かけてよく遊んだので疲れが取れずにしんどい夜叉が池マラニックでした。
しばらくおとなしくしよう・・・。

« 夜叉が池マラニック一日目続き | Main | 8月2~3日NAMIさん24時間練習会 »

ランニング」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ