Recent Comments

Recent Trackbacks

« 9月4日粗大ゴミの日 | Main | 9月10日・癌転移??原発?? »

09/17/2008

9月6日・7日、Yの家合宿

9月6日
京阪丹波橋駅で待ち合わせして、宇治市の笠取という所に行きました。

大失敗、京阪電車ってほとんど乗ったこと無かったので京都までの乗車時間を甘く見すぎていた。
モノレールで門真まで行き、京阪電車に乗れば丹波橋までそう遠くないと思っていました。
ちゃんと調べておけばよかったのに。
そうだ!そう言えば、冬に来た時、意外に時間かかるんだなぁって思ったんだ、すっかり忘れていたふらふら
待っていただいた皆さん、ごめんなさい

なんとか、優しい皆さんと合流できて、14時前くらいに出発。

着替えなどの荷物は車で運んでくれるけれど、雨も降るかもしれないという天気予報のため、雨具も持っていたいので雨具と水とお財布や携帯だけの軽くなったリュックを背負っていきます。

朝○さん、○西さんに「ながーい階段、登りたいですか?」って聞くもんだから、バリバリやる気の○西さんは「もっちろん! 今日はランニングの合宿だからね」って、他の人からは「余分なこと聞くな~」と突込みがありましたが、もうすでに一行の行く先は御陵の階段のあるほうへ回り道です。
冬に来た時は野球部の鬼コーチが選手達をしごいていたっけ。
今日は歩きの人がパラパラ見えるだけで静かです。
○西さんと○村さんは駆け上り、他のみんなは歩きで登りました。
砂利道を通って、さっき通った道路に出る手前で伏見城の方へ行きます。
お城のすぐ横にはグラウンドがあり、野球で賑やかでした。
公園にはジョギングの人が何人も来ているようでした。

街に下り、住宅地を通り、峠越えです。
道路はだんだん細くなり、トラックがすれ違いに苦労していました。
峠を過ぎて下りかけた時に雨が降ってきましたが、雨合羽着ると暑いので傘をさしました。
雨はたいしたことなく、じきに止み、涼しくなりました。

○西さんと○村さんはもうとっくに先に行って姿が見えません。
きっと、「関西周遊」のコースを行ったんだろうね、と言いながら、私達は朝○さんの案内で楽な方の道を行きました。

高速道路のインターを横に見ながら少し下り、また小さい峠を越えます。
暑さに弱いという○倉さんは昼間の暑さに、少々脱水気味でつらそう。
途中の農家の家の前で作業していた奥さんにお水を使わせてくださいとお願いすると、快く了解してくださったので、水をかぶったり、ボトルに水をいただいたりしました。

小さな集落なのに、ガラスと鉄の工房のお店や、喫茶店がありました。
工房ではステンドグラスの教室もやっているようでした。

間もなく、合宿するYの家に着きました。
もうすでに先に行った二人はお風呂も洗濯も済ませていました。
到着してすぐにビールとしちりんの炭火で焼いたお魚やお肉をいただいて、大浴場のある施設に行きました。
まわりには民家は数軒だけ、田んぼと小山に挟まれた平屋が合宿所です。
走った人も、走らなかった人も、バイクで来た人も、子連れの人も、楽しい夜を過ごしました。

9月7日
みんなのんびりマイペースで洗面したり身支度したり。
でも、キッチンでは樋○さんが一人、朝食の準備をしてくれています。
「樋○さん、卵も焼いてくれてるよ~」と言いながらもお手伝いもせず、悠々としている女性陣。
やがて座敷に集まり、樋○青年が作ってくれたサラダや目玉焼き、トーストなどで朝食をいただきました。
トーストは○西さんが焼いてくれました。
まぁ~、なんという贅沢な!!

帰りはここで一応解散なので、荷物をみんな背負って出発です。
冬と違って荷物は軽くて楽です。
さあ、走り組みはどんなコースで帰るんでしょう。

朝○さんがいろんなコースを説明してくれて、竹田の力の湯を目指しましたが、竹田にはすぐに着いてしまって物足りないというので、伏見から山を越えて伏見稲荷に行き、京都駅を目指すことにしました。

川沿いのサイクリング道は綺麗な良い道です。
木陰のない部分はちょっと暑かったですが、水辺なので時々涼しい風が心地よかったです。
毎年参加しているみんなは、自然に吸い込まれるように大きな酒屋さんに・・・。
○村さんが「みんなの分、買ったわよ」とビールをご馳走してくださいました。
私が、いつも、走っているときにはビールを飲まないのを知っているので、「YOKKOさんには小さいのを買ったよ」と言ってくださったけれど、350mlでした。
他のみんなは500mlロング缶。
ここから少し行って山に入ります。
山に入りかけた所で雷雨となりましたが、森の中はほとんど濡れずに行けました。
山道には秋の小花が咲いていたり、怪しげにピカピカのオレンジ色や赤のきのこなどがたくさん生えていて面白かったです。
伏見稲荷の頂上から朱の鳥居の道を下って本殿に出ましたが、なかなか下りも長く感じました。
稲荷山全体が伏見稲荷です。
半分くらい下ったところから、京都市の街が見渡せました。
もうあと少しでお風呂屋さんにゴールなのだけれど、みんなお腹が空いて、お風呂で倒れそうだ・・と、東福寺近くのコンビニでお昼の腹ごしらえです。
もちろん、山越えで使い果たしたガソリン、補給しないといけません。
私も、この連中・・いえ、この師匠たちと一緒にいると、へんな癖がついてしまいそう。
東福寺の前を通りタワーが見えるともう京都駅はすぐ近くです。
朝○さんが案内してくれた「さくら湯」はわんこや猫が何匹も気持ちよさそうに寝そべって、縫う様に奥へ進まないといけないという面白いお風呂屋さんでした。
まどろむ猫ちゃん、可愛かったです。
わたしは猫大嫌いなのに、可愛くて撫で撫でしてしまいました。
ほんとは猫好きなんかしら???
このお風呂屋さん、女性の方だけ、洗面器はフロントで管理している。
なぜかと言うと、女性客は洗面器持って帰ってしまうそうです・・ほんまかなぁ?

あとは、お風呂で使い果たしたガソリン、また大量に補給して帰りました。
たいして走ってないのに・・・・・

« 9月4日粗大ゴミの日 | Main | 9月10日・癌転移??原発?? »

ジャーニーラン」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ