Recent Comments

Recent Trackbacks

« 12月6日~7日伊勢本街道マラニック | Main | 伊勢本街道・県境越えて三重県へ »

12/12/2008

伊勢本街道・夜中の峠越え

石割峠を下って、田中元上田口と言う集落にある専明寺のお堂の前で一休みします。
山の登りでは汗ばむくらいですが、下りではいくら動いていても身体が冷えて、だんだん寒くなります。
リュックからオーバーパンツやダウンも出して着用します。
帽子は、夕方からキャップをニット帽に、手袋は薄いのを2枚重ねます。
あんころちゃんは「えっ?ダウンまで着るの?」とびっくりしていましたが、多分、すぐに暑くなって脱ぐと思いながらも、まずは身体を暖めなくては。(やはり、走り出して間もなく、ダウンは脱ぎました)

いきなり、人の声がして、ぞろぞろと先行していたはずの集団が境内に入ってきました。
どうやら道を間違えたようです。
みんな一緒にスタートしましたが、皆さんあっという間にまた先に行って見えなくなってしまいました。

黒岩川に沿って進み、これから山粕峠に登ります。
石割峠ほどではないけれど登りは汗ばむくらいです。
岩や石が落ち葉に隠れているし、岩には苔が生えているので注意が要ります。
見た目は落ち葉に覆われたふかふかの山道のようですが石や岩が多いので硬い感じです。 疲れた脚にこたえます。
途中で木の橋が壊れて崩れていたので、倒木と勘違いし、道が無くなってしまった様に見えました。 明るいと迷わなかったでしょうけれど、いくら性能の良いライトと言っても廻りも真っ暗だし、全体が見えないのでしばらく行ったり来たりして探りました。

松○さんの記憶は正確でしたが、ここでちょっと停滞してしまいました。
「そうだ、思い出した!!これは木の橋が落ちているんだ。 渡って先へ行けば良いんだよ」と松○さん。
下っていくと、また間違えそうなところに出ました。
なんとかクリアし、山を下りました。
綺麗な新しい道路に下り、あんころちゃんがトットコトットコ先へ行きます。私も遅れないようにと後を上って行きます。
新しそうなトンネルが見えました。
「コースにこんなトンネルなんてあるの??」と思っていたら、松○さんが間違いに気づいて呼び止めてくれました。
山粕峠からの下りで、どこかで違う道に入ってしまったようで、道路に降り立つ方向が違っていたようです。

道路を下って行き、山粕川ほとりの山粕と言う集落の小さな休憩所(トイレもあります)で梅○さんがエイドをしてくださいました。
アルファ米の炊き込みご飯と熱いお茶がとても美味しくて身体も温まりました。
休憩所の後ろから山道を登って鞍取峠へ。
鞍取峠は標高も600mくらい、登り始めからの標高差も石割峠ほども無いのでわりと楽に越せました。

峠を三つ越すと、緊張が少し緩んだのか?眠くて眠くてしょうがないほどになりました。
時々、瞬間的に眠ってしまっています。
ちゃんと走っているはずなのに、進みません。
同じくらいの歩調で進もうとしているのに、どんどんあんころちゃんと松○さんと離れてしまい、分岐で待ってもらう事になり、申し訳なく思います。

つづく・・・

« 12月6日~7日伊勢本街道マラニック | Main | 伊勢本街道・県境越えて三重県へ »

ジャーニーラン」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ