Recent Comments

Recent Trackbacks

« December 2008 | Main | March 2009 »

January 2009

01/23/2009

麺屋えぐちのつけそば

昨日、仕事終わってからソレッ!!車(セダン)と、江坂の最近評判の麺屋えぐちに行って来た。

すぐ近くにコイン駐車場があり、駐車したとたんに連れの友人が走り出す。
私も、リアの自動ドア閉まるのももどかしく走る。
タッチの差で並ばずに入れた~、ラッキー

彼女、先日行ったときは閉店していた、もう一人、行ってみたが丁度自分の前一人のところで麺が売り切れになり、並んだが食べ損なっている。

仕事終わる頃、思いついたように急に「行ってみよう」という事になって・・・
雨だから、ひょっとしてお客さん少ないかも、と。

並んでる事解ってるんだから、次々麺を茹でておけば良いやんか、と思うけれど、
若いのにへんこな店長、注文を聞いてからしか茹でない。
また、時間かかる。
Tukesoba 

チャーシューのトッピングを追加しようとしたら、断られた。
「そんなの、乗っけるだけでええのに・・・」と
二人でヒソヒソ、ほんまに若い割りにへんこやな~。

また、お運びの店員の男の子、小さなお店なのにめっちゃでかい!!

肝心の麺。
もっちりしてぷりぷりで美味しかった。
トッピングの卵も良かった。
チャーシューもメンマも特に注文しなくても良いくらい入っていた。

大盛たのめばよかったかな~?
充分分量はあったけど。

外に出ると、7人くらい並んでた。

Benie_3   帰りに、ふっくらベニエをデザートに食べた・・・食べすぎかな~

このベニエのお店、ダスキンのお店だけれど、ミスドみたいにガチャガチャしてなくて、インテリアは素っ気無いくらいだけれど、ジャズがかかっていて良いです。

01/20/2009

18日箕面の山パトロール・クリーンハイク

お天気ちょっと心配しながら初めて箕面の山パトロール隊のクリーンハイキングに参加した。

昨年、外院尾根を越えて北摂霊園から高山、能勢妙見山を往復した時、途中で出会って追い越して行った事があった。

いつも快適にトレイルランをさせてもらっているので、いつか私も参加したいと思っていた。
いつも走ってどこかへ行くとか、山をいっぱい走りたいばかり。

街のすぐ隣の山は大勢の人の散歩道でもあり、ハイカー、ランナー、バイク・・・道路も通っているから車で来る人もいる。
単にマナーの悪い人だけでなく、わざわざゴミを捨てに来る人もいて、山はゴミがあちこちに目立っていた。

みんなが楽しむ山をみんなで綺麗にしようと呼びかけてボランティアでお掃除されているのでだんだん綺麗に気持ち良くなってきた。
グループ的な活動だけじゃなく、個人でハイキングしながらゴミを拾っていかれる方に出会ったこともある。
シャベルを持って登り、荒れた部分を直して歩きやすく修繕している人に出会ったこともある。

私はいっぱい楽しませてもらっているのに何もしないできたので、ちょっと肩身が狭い気がしていた。
午後から雨になりそうだから、晴れている午前中に走りたい気もあったけれど、この日は前から思い切ってクリーンハイクに参加しようと決めていた。

朝、ちょっと寝坊。
ばたばたと着替えや雨具や軍手、トング、ゴミ袋などリュックに詰めて自転車で外院バス停近くの公園まで行く。
集合場所がバス停となっていたけれど、帝釈寺横の公園に集まっていた。
外院尾根を掃除するグループの隊長はパタゴニア江坂店のOさん、お店のスタッフのYさんも来られていた。
集まった人たち、年齢もまちまち。
でも意外に外院尾根から登るのが初めてという人が半数以上だった。
軽く準備体操して登り始める。

タバコの吸殻が目立つ。
最近は池の土手にはゴミが無くなりすっきり見える。
獣避けの扉を開けて入ったところにある池のほとりで、Yさんが勝尾寺の丁石の説明をしてくれた。
単にゴミ拾いだけでなく、山を楽しむ目的もあるみたいだった。
この外院尾根はどんどん綺麗になって、ごみもたまにしか無いくらいで、奪い合うようにして拾った。

やがて勝尾寺。
門前を右に下り、二手に分かれた。
勝尾寺園地へのわずかな距離の間にごみだらけの所があった。
始めはすぐに綺麗にしてしまえると思っていたが、木の葉に隠れて、または土に半分埋もれて、出てくるは出てくるは、切が無いくらい。
ちょっとレトロな飲料の缶、風化しきれないビニール袋。

勝尾寺園地でボランティア用と印刷されたゴミ袋にまとめて今日の作業はお終い。

みんなでそれぞれ持参のお弁当ランチタイム。
しばらく楽しく歓談。
天気予報どおり、雨が降ってきたのでバスで帰る人たちを見送って、雨具を着て外院尾根を下った。
下りながらもいろいろお喋りしたり。

小雨だったので山道はあまり濡れていなく、下りやすかった。
緑がかえって美しく映えて見えた。

1月17日勝尾寺南山

17日土曜日
午後3時前に家をスタート、
約9kmで登り口。
先週と同じウツギ谷から入る。
時刻が遅いせいか、人気の無いしいんとした空気。
ipod持ってこなかったし、自分の足音が植林の谷に響く。
この季節、4時過ぎては誰にも会わないだろうと思っていると、ラジオ聞きながら下りてくる方に出会う。
もう少しで尾根に出るという辺りで、また人の気配がした。
バイクの少年?(青年かな?)3人組。
道を譲ると、口々に「ありがとうございます」と爽やかに丁寧にあいさつして下って行った。
Oosakawan Katuojiminamiyama                                                 

                                                      

                                  

                                 

                           

                                

「右 中山」の道標のある分岐から勝尾寺南山に登る。
先週は大阪湾の海面がピカピカ光って綺麗だったけれど、霞んでよく見えなかった。
でも、高いところから景色を見るのって、気持ちが良い、気持ちがふわーっと開放されていく感じがするので大好きだ。
4時半、ゆっくりしていられない、もう一つの道から下りてみようかと思い、行きかけたが、急なのでやめた。Siramijizou                                                

しらみ地蔵の横を通り、外院尾根を下る。
西向きの山に夕日が映えてオレンジ色に染まりかけていた。Geinone                    

                                              

着替えを用意して行ったけれど、ちょっと行ってくると言って出てきたので「スミレの湯」はあきらめて、万博公園の「おゆば」にでも寄ろうかどうしよう?と迷いつつ帰り道。
真っ暗になった近道を登って「おゆば」の玄関まで行ったけれど、やっぱりやめて家のお風呂で良いや、と家に帰った。
気が急く時は700円も出してお風呂に入るのはもったいないし、土曜日は混んでるし、送迎バスも丁度無かったし。

家でお風呂に入ると、家のお風呂も良いもんだな~、
これで良い・これで良い・・と思った。

01/13/2009

1月12日箕面の山走り初め・雪の東海自然歩道

のんびり山の中で遊びたい気分で行ってきました。
夏用の小さなリュックに着替えを詰めて、こんな小さなリュックは冬は無理!と思っていたけれど、何とか小さく入ってしまったので忘れ物してる気もしないでもなかったけど、出発。

北千里からまっすぐ北へ、171号線を今宮で渡り、西川きよし邸の前を通り、ウツギ谷から登ります。
1年位前にこの道筋にスーパーが出来たので重宝します。
山に入る前に、飲み物や食料を調達したり、トイレを済ませたりしたいと、外院尾根からの取り付き近くの方がコンビニがあって便利で、ウツギ谷からの入路はコンビニがなくて不便だったけれど、あと少しで山というところにスーパーが出来たので便利になった。

伐採で明るくなったウツギ谷の道、少々傾斜のきついところもあるけれど、冬は涼しいので登りやすい感じがする。
112nakayama ここは、途中まで林道くらいの道。
山道らしくなった辺りで親子連れに会った。

木や道にうっすらと雪がかぶさっていた。
石の道標、「右中山・左大坂」まで来ると、さらに雪が多くなった。
どこまで行くというあてもなく、山の中を遊びたいだけで来たので、一度も登った事がなかった「勝尾寺南山」へ登ってみる事にした。

この道標の分岐からすぐのところだけれど、夏は下草などが邪魔だし、行き先に目的があったり、時間がなかったりで、一度も南山頂上まで行った事がなかった。

最近はちゃんとテープなどの誘導もあったり、小さいけれど、上り口がわかるように木のプレートが架けられていたり、迷う事が無い様にしてくれている。

112minamiyama 落ち葉を踏みしめて登ると、先客が居た。
風が吹き付けず、静かななだらかな山頂、三等三角点があり、大阪の街から大阪湾が一望に見えた。
もう少しすっきり晴れていたら、金剛山系も和泉山脈も見えそうだった。                              
                                    

山の尾根を西に行ってみたが、途中で道が無かったので引き返し、もと来た道を下り、しらみ地蔵の道から勝尾寺線に出て、自然研究路4号を上り、東海自然歩道に上がった。
112toukaiyuki 東海自然歩道は尾根道なので、雪がたくさん残っていてびっくりした。
この冬初めての積雪の道。
雪国の人にすれば、その程度の雪なんて・・・と言われそうなくらいだし、雪なんて厄介なものなのに・・と言われそうだけど、私にとってみれば何だか嬉しくなる風景だった。

滑って転ばないように注意して登って、岩の展望の良い所でお昼ご飯のパンを食べた。
日が当たってしばらくは暖かだったけれど、パンを1個食べ終わるうちに汗が冷えて指もかじかんで寒くなった。
                       
                               
112yuki 
                         
                                         
                            
               
112hokusetureien
どこまで行こうかな~?と思いながら北摂霊園を通り抜けて、茨木カントリークラブの門前まで行って引き返す、北摂霊園も雪が残っていたり、噴水の水溜りには厚い氷が張っていた。
北摂霊園から海が見えた。 ここで反対向いて下ってくるのは初めてだったので意外な風景でちょっとびっくりした。
来た道を戻り、途中で前から気になっていた分岐のようなところに入ってみたら、途中から傾斜が急で雪が多く残り、ランニングシューズを履いて行ったので探検はやめて戻り、勝尾寺におりた。
112katuoji
勝尾寺にはそこそこ人出があり賑わっていた。
帰りは勝尾寺参道の外院尾根を下った。
こちらの道は日当たりも良いし、雪は全くなくてぬかるんでいた。

亀の居る池と上の池の間に道があり、多分、東の方に下れる道だと思い行ってみた。
きれいなよく踏まれた道だった。                                     112zenpukuji
出たところは善福寺の駐車場の所。

勝尾寺線の道路に出て東へ走り、モノレールの高架をくぐって東南へ。                                     
今日のゴールは新しい温泉、すみれの湯。
山田行きの送迎無料バスまで約40分、電気風呂やジェットバスも入って帰りました。
山田駅から家まで、3km弱、汗をかかない程度に走ったり歩いたり。

私の年末年始日記

ばたばたと、あっという間に過ごした年末年始、書き留めておこうと思う。

12月20日、クリスマスお菓子配りジャーニーランに参加。

Xmasusj サンタさんに扮して袋やリュックにお菓子をいっぱい詰め込んで大阪の街を廻りました。
ほとんど歩き。
渡船を使ってUSJから天保山へ。
そこから街の中を子供たちにお菓子をプレゼントしながら進んでいく。                          

                              

Nanami
たこ焼き屋の「七味」さんに立寄ると、店の御夫婦は私達のために鍋を準備して「そろそろかな?」と食べごろにして待っていてくれ、みんな感激!
しばらく七味さんの御好意に甘え、美味しい鍋料理、サトイモの煮物、たこ焼きで朝から乾杯。
この日は、親と離れて暮らす子供たちの施設や少年野球、少女達との嬉しい出会いがあり、お菓子をプレゼントした私達のほうが、暖かいものをプレゼントされた感じで幸せな気持ちになりました。

12月23日
1223minoo1 久しぶりに箕面の山に入りました。
いつも気になっていた分岐など、探索してみようと思い、道が繋がっているのか?確かめたいところなど入ってみました。
木のベンチが作られているのに、その先には道らしい道がなく、引き返したり。  以前、通って行けた筈なのに、その後どうつながっていたのか解らなくなっていた道筋など、確かめたり。
どこまで行くとかというわけじゃなく、山の中をいろいろ探検するのはとても楽しくて、子供の頃の探検気分を思い出した。

12月30日、
1230kouen 最近、早朝走りに出たり、夜走ることが少ないなぁと思う。
29日の夜まで仕事だったので、家の片付けも実家に帰る準備もできてなくて、忙しい一日になりそうだから、朝早く・・・と言っても陽が昇ってから近所をぐるっと気ままにジョギング。
そんなことしてたものだから、実家に帰ったのは深夜になってしまった。



11sinnen1 12月31日
実家から歩いて2kmで新しい埋立地のテーマパークがある。
カウントダウンのイベントで花火もあがるから娘と歩いて行った。
ちょうど、ムーンブリッジの上で年越しの花火を見ることが出来、イベント会場の海辺に着いてしばらくして、ちょっと盛大な花火を見られた。せっせと歩いたので、汗ばむくらい。 11sinnenhanabi
長く待っていた人たちは、凍えるように寒い寒いと言っていたのが不思議なくらいだった。                          


1月1日
兄と甥っ子が来て、半日楽しく過ごした。
久しぶりに母と一緒に作ったおせち料理が美味しかった。
母は博多流のお雑煮を作ってくれた。
また母と一緒におせち料理を作ったり、できるのだろうと・・ちょっと感傷的に寂しい気持ちになった。

1月2日
12hamanomiya 海辺の道をジョギング。
和歌浦ジャズマラソンのコースは私の帰省時のジョギングコース、片男波から和歌浦漁港、波打ち際の遊歩道など通ってぐるっと和歌浦を廻った。                     

12wakaurakou 

« December 2008 | Main | March 2009 »

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ