Recent Comments

Recent Trackbacks

« March 2009 | Main | May 2009 »

April 2009

04/28/2009

26日雨のジョグ・萩のリュック・シューズなど

26日・日曜日、

0426senri 曇りのお天気予報だったと思ったのに、お昼頃から雨がパラパラ。
「きっとこれで雨はお終い・・・雲も切れて明るくなってきたし」と楽観してジョギングに出ました。

萩で使うつもりの小さなリュック。
荷物を詰めて、水のボトルを横のポケットに入れて、先日試しに使ってみたら、荷物が少ない場合、上部に絞めるベルトなどが無いので、生地がカシャカシャ鳴ってやかましい。
対策に自分でベルトを付けようかと思ったけれど、スポーツ用品屋さんのアイディアで小さなS字フックで何とかなりそう。

最近のトレランブームなどで、やっと女性用の小さなサイズをメーカーが出してきた。 それで買ってみたのだけれど、さすがに、コンパクトで軽量に出来ていて良いのだけれど・・・。
ボトルを差し込むポケットのネットが少し小さめで、500mlのボトルが落ち着かない。
これはスウェット生地で一部ベルクロ付きのベルト(何かキャンプ用品やスキー板などをくくる物らしい)を付ける事で落ち着いた。

でもでも、リュックが軽い分、片方だけにボトルを付けるとバランス良くないし、結局、リュックを背負ったまま片手でボトルを差し込むのが難しく、もたもたしてしまう。

やっぱり・・・好きではないので、少ししか使わなかったハイドレーションバッグをリュックにセットするのが良いかなぁ??
などなど、まだ今頃になって考え中です。

近所のジョギングだけなのだけれど、そのリュック背負って走りました。
時々雨が本降りになってきたり、晴れたり、変な天気でした。

途中ですれ違ったランナー、「かっこいい~、凄そうなランナーが来た~」と思ったら、オシ○師匠さんでした。
「リュック背負って何処行くの?」(オシ○師匠さん)
「いえ~、萩のための・・・」
「へぇ~、無理しないようにね」とオシ○師匠、優しい言葉。
少し足を止めさせてしまいごめんなさい。

シューズも、今まで一番ラクに履けていたシューズがもう何処にも売ってなくて、あきらめて、違うものに変えました。
昨年もやっと探しあてて、2足買ったけれど、もうどこにもありません。
いつもより1サイズ小さめのシューズ、フィット感が良いので1足買って、琵琶湖半周もそれで行きました。 なかなか良いです。
でも、今まで、ゆったりめを履いていたので、そのフィット感がかえって少し気になり、いつもの24cmを買い、先日から馴らしています。
宗頭には24cmの方を預けておこうかなと思います。
今まで、自分のサイズは24cmとばかり思っていたけれど、一つ小さめの方がフィットして気持ち良いです。
雨で濡れるとかが無ければ、その小さめの方でずーっと行くかも。

けっきょく、日曜日は午後ほとんど雨だったみたい。

04/17/2009

萩往還の案内が届いたよ

今年の地図はカラーで見やすいですね。
これなら寝ぼけて間違えても地図を確認しやすいね。
って、もう何回目やねん。
はい、眠って走っている部分や、他の人に付いて行った部分意外、大丈夫です。
でも、チェックポイントとか変わっています。

昨年も思ったけれど、思い違いしている部分もけっこうあったし。
やっぱり地図は必要です。
わかりやすい地図はありがたい。

風邪がなかなか良くならない・・・昨年は気管支炎までいってしまい声が出なかった・・・
合うシューズが、へたってしまい、もうどこにも売ってない・・・・
お腹の調子など・・・
不安な事もいっぱいあるけれど、
楽しみな気持ちが大きい 遠足の前の気分、どきどきワクワク。
今から興奮しています。

4月11日から12日長浜城から海津大崎~唐崎、お花見マラニック

11日朝10時、長浜城に集合。
1110nagahamajou お花見の季節、土曜日朝の電車は満席、参加の皆さんとお喋りしているうちに長浜に着く。
お城の公園は桜が満開、間を開けてシートが敷かれている。
大阪と違って各シートの間はゆったりと間が取られているのが地方都市の良いところかな。                    

お城の石段で集合写真を撮ってもらう。
お願いした男性、ちゃんと撮れてなかったのでその息子さんと交代してくれた。 自分はちゃんと撮れなかったけど、横からいろいろ指図、親切な親子さんでした。

111130biwako1 長浜城公園を出るとすぐに琵琶湖畔。
お天気が良くて暑くなりそう。
さざなみ街道(県道331)をお喋りしながら走る。
沖には竹生島、葛籠尾崎にはパークウェイが桜のピンクの筋になって見える。
道端の土手には土筆がいっぱい出ていた。
あんなにいっぱいの土筆を見たのは久しぶりだった。思わず、わぁ~!と歓声を上げてしまった。

高月町でしばらく琵琶湖畔から離れ、賎ヶ岳の麓の旧道のトンネルや少しだけ山道を通って、再び湖畔に出る。

飯浦ではウィンドサーフィンを楽しむ人たちが多く、気持ち良さそう。
飯浦のドライブインはまだ閉鎖されたまま、トイレ休憩も出来ないので、もう少し先の塩津浜のコンビニを目指す。              

お昼、気温が上がり、水辺は風も気持ち良いけれど、ザブンと入って行きたくなる。
コンビニ前の道路は車が渋滞している。
昨年はほとんど車通り無く、のんびりのどかな道だったのに・・・。
駐車場にはトラブルがあったのか、パトカーも来ている。
土日高速料金1000円の影響かな?

コンビニでは日陰に陣取って地べたに座ってお昼ご飯。

111310parkway1ここからパークウェイに入っていく。
パークウェイはこの季節一方通行で車の流れは下の道より少なくなったけれど、昨年はめったに車が通らなかったのに比べると多い。
たまに一方通行だからと、反対車線を走ってくる車やオートバイに冷やりとする。 見るからに横暴な感じの運転にはちょっとムカッと来た。

雨が少なかったからか、ショウジョウバカマなど草花が元気が無いように見える。
奥琵琶湖は大阪などより1週間くらい満開時期が後にずれるのに、今年はもう満開を少し過ぎた感じがした。

111430parkway2 25kmほど海津大崎までずーっと桜の花の道が続く。
湖畔と言っても、パークウェイは山の中腹を通っているので、350mくらいの高さまで登っていく。                

                                      

                           

111522parkway
パークウェイからは長浜あたりの眺めが良い、岬の反対側には、これから巡っていく桜の道がずーっと薄ピンクの筋になって見える。

葛籠尾崎の先、ひときわ桜がいっぱいのところに奥琵琶湖樹木園レストラン(道の駅)がある。15時過ぎに到着。
暑かったので、みんなアイスクリーム食べたりしている。
うどん屋などのお店がみんなシャッターを下ろしていて、開いていたのはおみやげやさんだけ。
きっと、予想を超えた来客に売るものも無くなって、早々に閉店したのだと思う。

111556sugaura ここから見事な桜のトンネルのような道を湖畔まで下っていく。
花吹雪、花吹雪・・・いっぱい桜の花に包まれながら走る。

奥琵琶湖の水辺を地図をなぞるように桜道を進む。            

111737kaituoosaki 

なんとか、明るいうちに海津大崎に着きたいのでけっこう真面目に走っていく。
途中で新○さんが彼女を連れて現れた。
「これから一緒に走るんだよねぇ~」とみんなで冷やかす。
アツアツ幸せいっぱいの二人に、こちらまで嬉しい気分になる。

もう少しでトンネルかなぁ?という所でえっちゃん登場、今年はマキノから逆走して海津大崎でみんなと合流する計画でやってきて、待ちきれずに迎えに来てくれたらしい。
111808kaituoosaki

53kmくらいでトンネルを五つ過ぎて、18時8分、海津大崎レストラン前。
海津大崎のレストランの辺りには、旅館などがあり、人がいっぱい。
ここから遊覧船が出ていて、船から桜を見ると言うもの。

111809kaituoosaki2 海津大崎は花が暑苦しいくらいに房になり一番良いところを見せてくれている。
レストランは空いていたのですぐに食事が出来た。
私はカツカレー食べたので、夜中までお腹が空かずにすんだ。

                               

昨年は、夕方になると気温が下がって寒いくらいだったけれど、今年はあまり気温が下がらず、丁度いいくらいだった。

しばらくはお腹がいっぱいで、車も人も多いし、歩く。

海津の町では海辺の公園もまだ地元の人たちで賑やかだった。
桜祭りと言った感じかな。

だんだん暗くなって、星空となる。
マキノを過ぎて、今津で帰る人たちは歩いてばかり。
先へ走って行くが、気になるので待ってみたり、歩いてみたり。
だんだん、みんなの灯りが見えなくなってしまう。
近江今津で数人が帰宅してしまうので、駅手前のコンビニで待つ。

ここでもっと速く走りたい人二人と別れ、残り5人となる。

70kmあたり、シンアサヒの部分で、湖畔を通らず、少しショートカットコースを行くが、一部、歩道の無いトラックビュンビュンの道を通ったり、土手を登ってガードレールくぐったり、ちょっとアドベンチャーありでした。
琵琶湖にはたくさんの川が水を注いでいる、けっこう橋を渡らないといけないので、農道では川を渡れなかったりするのです。

安曇川を過ぎ、萩の浜近くで本来のコースに合流。
地図には80km地点となっていて、GPSでは78km、2kmのショートカットだったことになる。

112333takasima 間もなく高島の市街を通る。
古い町並みが続く歴史を感じる街だ。
あちらこちらに、陶板の街の案内図が設置されている。
街を出て寂しい道路を進むと、山手の茂みに何か大きめの動物が居たようで、びっくりしたようにガサガサ逃げていった。                                     

112359sirohigejinja 白髭神社には23時58分着。
湖の中に鳥居が見える。

ここから3km先、鵜川のコンビニまで頑張る。
昨年はこの辺りで、お腹の調子も悪かったかな?すっごく眠かったようにも思う、お腹空いていたり、喉が渇いていたかな?
あのコンビニがすっごく遠く感じた。 今年は道も解っているし、しんどい感じは全然無く行けた。 
fullさんが一緒に走ってくれていたからかな。
先に行った二人のランナーは私たちより15分くらい前に来たらしい。

コンビニでは夜食を少し。

しばらく湖西線の貨物の音など聞きながら進む。 
近江舞子辺りはややこしいので、近江舞子湖畔から一つ内側の道を走り、湖西線に沿って走ったりした。
95km地点、志賀駅ではお決まりの仮眠タイム。
20分くらい休んだかな?
私は少しお腹の調子が悪くなってトイレで時間の半分くらいすごす。
何時くらいだったか?昨年よりかなり早い到着だったと思う。

琵琶湖畔も南に来ると、コンビニもかなり多くなり、街が続いている。

琵琶湖大橋の明かりや、観覧車が間近に見え、やがて大橋への交差点を過ぎる。
いつものコースだと大橋を渡る方へ行くが、今回は、fullさんが違うコースで京都入りする計画だったのと、私も予定があるので途中で帰ることにしていたので、みんな琵琶湖大橋を渡らないほうへ。

堅田で105km。

この辺りは、ずーっと国道161なので便利だけれど、景色はあまりよくないし、時間いっぱいまで走って、適当なところで電車に乗って帰るつもりで走る・・と言っても、歩きが半分。
そろそろお腹も空いてきて、牛丼屋で朝メニューの朝食を取り、唐崎駅でゴールとした。
fullさんと松○さんは先へ。
○見さんとえっちゃんは私にお付き合いし、唐崎で8時32分の電車に乗り京都へ。

今年はいつもの150kmコースを通って三条大橋までゴールした人いるのかなぁ??
先に行った二人のうち、一人は雄琴温泉ゴールだとか言ってたし・・。
初参加の菊○さんは三条大橋まで行ったのかなぁ?

今年は長浜から唐崎まで、約116kmくらいかな。

04/10/2009

4月8日京都東山トレイル

午前中、京都、下鴨神社近くで用事を済ます。
0408takanogawa 糺の森で着替え、リュック背負って東へ向い高野川に出ると桜が満開、見事な桜に川の流れ、のんびり木陰で昼寝でもしたい気分。                   
                                    
                                   
                                                                                                                                    
0408daimojiyama

百万遍から今出川通りを銀閣寺へ。
疎水沿いの桜も楽しんで、銀閣寺前でシュークリームとゆずドリンク買って、大文字山へ登る。

12月の東山マウンテンマラソンのときはすっごくしんどい登りも、ここからスタートなので軽く感じる。
大の字までも「こんなもんだったかな?」と思うほど近く感じた。                           
                         
0408daihidoko 
大の字の火床ではしばらく京都市の眺めを楽しんでさらに登る。                               
                                  
                                  
                                
                                
                                    
0408sankakuten 三角点の広場ではハイカーが大勢休んでいた。
ここでおにぎりとお饅頭食べようと思っていたけれど、休まず進む。

マウンテンマラソンの大会の時には、分岐など間違いやすいところにはスタッフが居てくれて誘導してくれたけれど、一人では間違えないように道標を確かめながら進む。

12月と違って、落ち葉が少なく、石がゴロゴロしていた。                                
                            
0408himukaiguu 

日向宮の奥から出て下る。 ここも控えめに植えられた桜が美しかった。
粟田口の方へ廻らず、マウンテンマラソンのコースでドライブウェイを将軍塚へゆっくりゆっくり何とか走って登る。
団体ツアーのバスが数台停まっていて観光客がぞろぞろ大日堂へ向かって行く。 大日堂も満開の桜。

山からの展望は午後になってだんだん霞み、ぼんやりしか見えなくなっていた。                               
                                                                    
                                   0408sennyuuji_2

清水山を経て、国道1号をくぐり、小さな山を越すと泉涌寺。
稲荷山入り口ではマウンテンマラソンのコースを行くか、京都一周トレイルのコースを行くか迷ったが、少し暑かったので谷の方の道、マウンテンマラソンのコースへ。
途中、見たことの無い鳥居のある風景、見覚えの無い神社に出た、どこかで間違えたと思い引き返す。 少し下ると見覚えのある岩場、山道が見えた。 広めの林道から山道に入るところで気づかずに真っ直ぐ行ってしまたようだ。
何度も走った事のある道なのに、いつもはスタッフの誘導に頼って走っていたので、一人だと間違えてしまうものだな。

伏見稲荷の中でも間違えてしまった。

0408kamogawa JR京都駅まで、稲荷川沿いの小道、賀茂川の土手などを通って行った。
どこもかしこも満開の桜と菜の花で春がいっぱいだった。

京都駅近くのお風呂屋さん、どこだったかなぁ?と探してぐるっと廻ったけれど見当たらず、タワーのお風呂で汗を流した。
約25km。  

« March 2009 | Main | May 2009 »

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ