Recent Comments

Recent Trackbacks

« 10月25日妙見山ランとバーベキュー | Main | 10月31日東海アドベンチャートレイル・柘植から枝 »

11/07/2009

10月31日から11月2日、東海アドベンチャートレイル・ファイナルレース①

10月31日から11月2日
東海アドベンチャートレイル、ファイナルレースに参加してきました。

東京・高雄をスタートして東海自然歩道を西に進み9年目、今年ついに箕面政の茶屋園地にゴールするという大会でした。

私がこの大会を知ったのは4年前、Kadoさんの掲示板で「もう岐阜まで来たんだね」という発言から。
「え?なになに??気になるその大会・・・教えて!」という出会いでした。
毎年2日間から3日間の日程でキャンプしながら東京から箕面を目指す、地図は与えられるけれど、コース誘導無し、エイド無し、宿泊はキャンプ地で、お風呂無し、ご飯無し。
自分で地図を読み、行動中の食料や水は自分で持つか、調達し、一日のステージごとにゴールし、自分で食事を用意し、寝床を用意し・・・。
コース誘導無しのマラニックは経験あるけれど、寝床も到着してからのご飯も自分でしないといけないというのはこの大会参加が初めてだった。
子供の頃からキャンプしながら信州など旅行した事があったし、そういうのはワクワクする。

しかし、東海自然歩道をコースとしているので、コース上にはコンビニなど無いところがほとんどなので、いつものマラニックのように途中でコンビニで暖かいものを食べるという訳にはいかない。

初めて参加した4年前、
スタート場所が解らず、雨の中を大きな荷物かかえて、道を聞く人もいなくて心細く、スタートにやっと間に合った感じだった。
あの時は、行動中の持ち物に水2ℓというのもあり、いつもの小さなリュックでは駄目だと思い、新たに20ℓのリュックを買ったばかり。
防寒着、上下セパレート式の雨具、サバイバルシート、食料・・などなど、荷物は重く、慣れていないリュックで、ばたばたっと用意してスタートしたので、リュックの蓋は開いたままだったり、荷物を締めるベルトもちゃんと締めてなかったし、ぐっさぐっさとゆれて荷物の重量が肩に食い込み走れたものではなかった。

なんで?こんなにしんどいのだろう??と、途中でリュックを点検したら、蓋も一部開いているし、食料も多すぎるくらいだったし、「これじゃぁ駄目だわ~」と、水を捨て、食料も少し捨てたり、お腹に入れたり、荷物を詰めなおしてギュッと縛り、
やっと、なんとか走れるようになったけれど、一日目最後の関門で引っかかってしまった。

一日ごとのステージレース形式なので、一日目にリタイアしても2日目はまた復帰できます。
ただし、完走とはならない。

今ではしんどかった事も、いい思い出。

今年は練習不足に加えて、3日間で山あり谷ありの東海自然歩道を188km、途中のキャンプも、アドベンチャーらしくテント泊。
完走できるんだろうか??
ワクワクする気持ちより不安な気持ち、緊張するばかり。

たとえ、3日間とも途中リタイアとなっても行けるところまで行ければ・・・と開き直るしかない。

ぎりぎりで送られてきた地図をしっかり予習。
等高線や地図の記号など読んでコースをイメージする。
数ヶ所、フリーコースとなっているエリアがあったので、最短で、コンビニを利用できるコースを探す。
高雄から箕面は知っているので簡単だけれど、その他は知っている部分は途切れとぎれだ。

地図を読んでいると、やっぱりワクワクする。
送られてきたブリーフィングブックと名簿、ファイナルだから途中参加
していなかった人も来るかもしれないと思っていたが少数人数だ。
あれ?Sさんの名前が無い。
私が第6回めから初めて参加して心細かった時に声をかけてくれて、毎回参加者の中で一番よく話し、今回もお会いできると楽しみにしていたのに。 ファイナルも必ず参加すると言ってわかれたのに。

« 10月25日妙見山ランとバーベキュー | Main | 10月31日東海アドベンチャートレイル・柘植から枝 »

トレイル」カテゴリの記事

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

jognote

無料ブログはココログ