funrun-yokko.air-nifty.com > レンガの街2007年

三浜峠から大丹生

三浜峠から大丹生

月が道を照らしてくれました。
峠から下って大丹生に向かいます


クレインブリッジ

クレインブリッジ

夜明け前のクレインブリッジ。
今日は暑くなりそう~。


夜明けのクレインブリッジ

夜明けのクレインブリッジ

朝焼けとクレインブリッジ
夜釣りからか?釣りを楽しむ人の姿がちらほら。
涼しいうちに少しでも距離を稼いでおこう~。


三浜林道入口

三浜林道入口

5時38分、自動販売機で飲料を買って、これから大浦半島の北側をトレースする三浜林道を登ります。
海沿いだけれど、200m以上の高さまで登ります。


野イバラ

野イバラ

大浦半島ではいろんなお花が見られます。
白い花だけでも、たくさんの種類があります。


イチゴ

イチゴ

野のイチゴ
ふわっとしていて甘く美味しかったのでたくさん採って食べました。


三浜林道・お花

三浜林道・お花


6時24分、三浜林道展望所。

6時24分、三浜林道展望所。

6時24分
三浜林道展望所に着く。
遠くの丹後半島などくっきり見える。


ヤマボウシ

ヤマボウシ

ヤマボウシの花
三浜林道には、たくさんお花が咲いていました。


小橋

小橋

7時8分、三浜林道から下って、小橋の集落。
下まで下って右に行きます。


小橋から野原へ

小橋から野原へ

海岸線とは言っても峠があります。この湾の右の辺りに野原の集落があり、エイドがあります。


野原のエイド

野原のエイド

7時48分
やっとエイドです。
お腹がグー! お素麺、お豆腐、オレンジ、バナナ、飲み物いろいろ(noアルコールはお茶とコーラ、水だけ)、他にはたくあんやおにぎり、ぱんもあったかなぁ?
30kmくらい来ているのでみんなお腹が空いて、砂漠のオアシスみたいです。


大山峠

大山峠

8時45分
写真だと道が広く写っているけれど、狭い道です。
右に立っている人達が個人エイドしてくださった人達です。
人が立っているところを右に分岐した道がワープ道です。
ここをワープすると、約10kmの節約、しかも550mの空山まで標高差280mくらいで行ける。


大山峠のお地蔵様

大山峠のお地蔵様

分岐を少し下ったところに立っているお地蔵様。


河辺由里

河辺由里

大山峠から長い下りの後、谷あいの集落を三つ通り過ぎて海まで下ります。
それからまた登りで、550mの空山を目指します。
9時を過ぎ、だんだん暑くなってきました。


中間点あたり、湧き水

中間点あたり、湧き水

10時30分、三浜峠からさらに林道を空山へ登っていきます。
途中で湧き水があり、顔を洗ったり、ペットボトルに入れたり。
毎年流れています。


タニウツギ

タニウツギ

ピンクのタニウツギや白いウツギなど、たくさんお花が咲いています。
木苺もあります。


目指す空山は・・・

目指す空山は・・・

三浜峠からほとんど歩いてしまいました・・・三浜峠から45分、
やっと目的地の空山頂上が見えました。


空山展望所

空山展望所

11時31分、空山に到着。
空山から竜宮浜の眺めがくっきりと美しかったです。
いつだったか?霞んで見えないこともありました。


空山のエイド

空山のエイド

やっとたどり着いた空山では、甘いスイカやトマト、プリンなど、暑い林道をフーフー言って登った身体にありがたいです。


多祢寺

多祢寺

12時47分多祢寺に到着。
お守りをいただきます。
山間のひっそりたたずむ本堂です。


大丹生・船着場

大丹生・船着場

13時32分、大丹生着。
頑張ったので13時40分の船に間に合いました。
小屋の向こうが桟橋。
みんな炭焼きのお魚など美味しくてなかなか船に乗り込みません。


連絡船

連絡船

この船に乗って大丹生から白杉まで行きます。
今は、定期便はなくなりました。
この日だけの特別便です。 他のお客さんはいません。
マラニックの途中で船に乗るなんて素敵でしょう。


西舞鶴の漁港

西舞鶴の漁港

国道から左に入った吉原の辺り、
漁港です。


淡路工業所

淡路工業所

16時少し前チェックポイント・淡路工業所着。
チェックポイントの淡路工業所には一人一人に応援メッセージが書かれた応援旗が用意されています。 工業所の裏は海です。 今年はムール貝やアワビをいただきました。
イチゴやスイカもおいしいです。
おにぎりと佃煮(主催者夫人特製)も美味しかったです。
おにぎりは紫蘇御飯やエンドウ御飯でした。


淡路工業所のエイド

淡路工業所のエイド

スイカもムール貝もおにぎりも、無くなると次々と奥から出してきてくれます。


東舞鶴港

東舞鶴港

海上自衛隊の港です。
西舞鶴は漁港だったので、同じ舞鶴でも雰囲気が違います。


レンガの街・レンガの倉庫群です

レンガの街・レンガの倉庫群です

夕方5時ころ。
東舞鶴の街外れ、港の近くにレンガの倉庫が保存されて並んでいます。


道標

道標

マラニックの道標です。 数少ない看板らしいです。


引揚記念館

引揚記念館

18時、小高い山のトンネルの向こう、引揚記念館が最後のチェックポイントです。
五老岳スタートの時には初めのチェックポイントになり、朝の6時過ぎにつきます。
ここからまた海岸近くまで下り、平工業団地から三浜峠に登ってゴールです。


赤野から三浜峠をめざします

赤野から三浜峠をめざします

あとはここからギューンと坂道を登って三浜峠から大浦ハイランドのゴールを目指します。


ゴール

ゴール

19時ちょっと過ぎ、
ゴール到着。
大浦ハイランドから小橋、竜宮浜をみおろす。
すっごい!明るいうちのゴールなんて、ここでははじめてや~!
\(^o^)/